ミラ・ジョヴォヴィッチ、13歳娘との爆笑動画に大反響

映画『バイオハザード』シリーズの主演を務め、大の親日家としても知られるウクライナ出身の女優ミラ・ジョヴォヴィッチ(45)。そんなミラは映画監督の夫ポール・W・S・アンダーソン氏(56)との間にもうけた長女エヴァーちゃん(13)、次女ダシールちゃん(6)、そして2月に1歳になったオシアンちゃんという3人の女の子のママでもある。両親のDNAを受け継いだ娘達はその美しさでたびたび話題になり、特にミラそっくりのエヴァーちゃんは11歳でモデルデビューを果たし、その成長ぶりが注目されている。このほどそのエヴァーちゃんとミラによる母娘の爆笑TikTok動画が大反響を呼んだ。

ミラ・ジョヴォヴィッチといえば、『バイオハザード』シリーズの迫力あるアクションシーンで世界中のファンを魅了してやまない演技派女優だ。自身の夫で映画監督のポール・W・S・アンダーソン氏がメガホンを取り、ミラが主演する新作映画『モンスターハンター』が日本で3月に公開されたばかりだが、44歳にして第3子の女の子を出産し世間を驚かせたのは昨年2月のことだった。

そんなミラの長女エヴァーちゃんは、今時のティーンエイジャーのように動画アプリ「TikTok」にハマっているようだ。米時間3月27日、ミラは自身のInstagarmに「ついに私もエヴァーとTikTokする羽目になったわ。彼女の特徴をうまく表現したつもりだけど、ちょっと大げさすぎたかもね」と記して、エヴァーちゃんがTikTokに投稿したあるチャレンジ動画をシェアした。

そのチャレンジ内容は「Switch Places」というもので、いわゆるキャラクターを入れ替える(スウィッチ)ことだ。ミラは動画の中で、普段のエヴァーちゃんの真似をして「ママ、ママ、卵料理を作って」とおもしろおかしくダンスをしながら振る舞い、一方のエヴァーちゃんは母ミラの立場になりきり「じゃあ火をつけてくれる?」と返す。それに対してエヴァーちゃんになりきるミラは「ああ~もう、ママ。愛している」と伝えると、エヴァーちゃんが6つの器を持って「エヴァー! 私があなたの部屋から持ってきたものを見てよ! これじゃあ料理がもったいないでしょ!」とミラを怒鳴りつけた。その他にも異なるシーンで2人のやりとりがおさめられており、フォロワーからは「超共感する! おもしろすぎ!」「これぞ母娘の人生」といったコメントが寄せられた。

ミラそっくりの美貌を受け継ぐエヴァーちゃんは、モデルだけでなく母親と同じ女優業への道も歩んでいるという。そんなエヴァーちゃんの今後の活躍に期待が集まっていくことだろう。



画像2~4枚目は『Milla Jovovich 2021年3月26日付Instagram「My new career as... a Chaperone!」、2020年11月27日付Instagram「Happy Thanksgiving everyone!」』『Ever Gabo Anderson 2020年4月10日付Instagram「Thank you Flaunt Magazine for having Ever on your April 2020 Cover.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MIE)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ