ドコモ、ロボット掃除機など各種デバイスのレンタルサービス「kikito」開始


NTTドコモは2021年4月1日から、ロボット掃除機やプロジェクターなどのデバイスをレンタルできるサービス「kikito(キキト)」の提供を開始した。

さまざまなデジタルデバイスを、期間を区切ってレンタルするサービス。3泊4日など1日単位で利用する「短期」、30日単位で使う「長期」、一定期間のレンタルで所有権が利用者に移転して返却不要となる「長期(もらえるプラン)」の3プランを展開。一定期間だけ使いたい人から、購入前に試したい人まで、幅広いニーズに対応する。

ドコモ回線を契約している人限定のサービスではなく、dアカウントを作成していれば利用可能。レンタル品の受け取りは自宅で、返却は自宅のほかコンビニからも行える。短期/長期の2プランには「レンタル品買取りオプション」が付属。利用して気に入った場合、製品を買い取ることもできる。

サービス開始時の製品ラインナップは50製品(レンズセットやアクセサリセットのバリエーションを含めた場合は75製品)。一眼レフカメラやプロジェクターなどの「5Gの映像体験を拡張」するデバイスと、ロボット掃除機のルンバやコミュニケーションロボットのLOVOTなどの「スマートフォンではできない体験を提供」するデバイスと、大きく2つのカテゴリに分類。今後もユーザーのニーズに合わせ、製品ラインナップを順次拡大していく。現在のラインナップ一覧はドコモのWebサイトで確認してほしい。

レンタル料金は製品の種類やレンタル期間によって変動するが、「Canon EOS Kiss M2 EF-M15-45ISSTMレンズキット」の場合、短期レンタルは2泊3日で7,380円~、長期レンタル(1カ月)は15,780円。支払いはクレジットカード、ドコモ払い(電話料金合算払い)、dポイントに対応。ただしドコモ払いとdポイントでの支払いは、長期レンタルには使えない。
○ルンバとブラーバは専用コース、おためし後のdポイント還元も

アイロボットのロボット掃除機・ルンバと床拭きロボット・ブラーバには専用プランを設置。「ロボットスマートプラン+」における「おためし2週間コース」または「あんしん継続コース」の2プランから選ぶ。

おためし2週間コース終了後にあんしん継続コースを契約すると、おためし2週間コースの利用料金相当額とあんしん継続コース初回30日分レンタル料金相当額をdポイント(期間・用途限定)で還元する。また、おためし2週間コース終了後にアイロボット公式オンラインストアで製品を購入した場合も、おためし2週間コースの利用料金相当額をdポイント(期間・用途限定)で還元する。いずれの場合もおためし2週間コース終了30日以内に、所定のサイトからのエントリーが必要となる。

サービスの提供開始を記念し、「kikito×dTV・dアニメストアクーポンキャンペーン」を実施。2021年4月30日までにkikitoでプロジェクターをレンタルした人に、「dTV」の無料視聴コードと、「dアニメストア」グッズ購入用1,000円クーポンをプレゼントする。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ