一人の夜が寂しい……つい男の温もりを求めてしまう浮気症オンナの本心

yummy!


一人の夜が寂しい……つい男の温もりを求めてしまう浮気症オンナの本心

愛する彼がいても、ついよそ見をして他の男へフラフラ行ってしまう浮気女。
普通の浮気女と違い、たちが悪いのは、彼に対しては罪悪感を抱きつつも「他の男に抱かれることで改めて彼の素晴らしさが再確認」「心は浮気していないいからOK」と自分勝手に浮気を正当化している節があるという点です。
何故、こんな浮気女が生まれるのか?また、どうしたら浮気オンナが浮気をしなくなるのか、を探っていきましょう。

目次

愛を再確認するための浮気?愛に飢えた女子の不可思議な行動


そもそも何故、本命の彼氏がいるのに浮気をするのでしょうか?
浮気する原因は人によって違うかもしれませんが、自分に自信を持てない女性がほとんどです。
彼氏から愛されているにも関わらず自信が持てない……めちゃめちゃ愛に飢えているからこそ、こんな行動に出てしまうのでしょう。中には「浮気は潤滑油」と言って、他の男と寝るケースも。愛のないSEXをすることで、今カレの愛を実感し、今カレの恋心が高まるのです。
いつも何かが足りなくて、多分それは愛で…でも今彼のことは大好きだから「重い」と思われたらイヤだから、あまりぶっちゃけたことも言えない。そんな思考が働いているから、ちょっと他のお宅を覗いてみて、やっぱりこっちで良かったと確認してみよう、と思うのです。

何故、そういう思考になるの?


愛に満たされない心の要因は、幼少時に親が忙しくてかまってもらえなかったといった家庭環境の要素以外にも、そこそこ可愛く生まれてちやほやされて育ってきたケースもあります。
だからこそ「本当のあたしはこんなんじゃない」「本当の私をわかってくれているの?」という心の叫びが生まれ、「もしかしたら私に問題があるのかも」と自己否定に至ってしまうのです。
罪悪感を覚えながらも浮気を繰り返す行動は、優しくて悲しい心の現れとも言えるでしょう。

浮気女を卒業するためには


では、愛に飢えた浮気女はどうしたら満たされるのでしょうか?
それは、本当に大好きな人に思いっきり可愛がってもらうことでしか解消できません。
大好きな彼がいるにもかかわらず、どこかで温もりを欲するほど、自分の中に寂しさが存在しているのはなぜなのか?苦しい作業にはなりますが、何度もその問いを心に聞いてみましょう。結局1000人の男と寝ても、心に残るのは虚しさだけ。決して満たされることはありません。それならば自分をこれ以上傷つけないためにも、いま自問してみましょう。
もちろん、あなたに寂しさを感じさせている男性の責任はゼロではありませんが、あなたの心のどこかにある寂しさは言葉で伝えなければ彼にはわかりませんよ。「本当はもっともっとあなたに溶け込んで、もっともっと私だけを見てほしいの!」と、自分の感じている寂しさと、これまでの生い立ちを話し、彼に受け止めてもらいましょう。
男というのは、頼られると頑張る本能を持っています。もしそれで甘えさせてくれないような男ならば、とっとと浮気した中から良さそうな野郎を見つけてしまえばいいのです。

あなたのすぐそばにある幸せに気づいて


ここまで頑張って生きていたあなたなのだから、絶対に愛されるに足る人のはず。
「足るを知る者は富む」という言葉があります。今を満ち足りたものとし、現状に不満を持たない者は満ち足りた心で生きていけるという意味です。
自分の身の回りにあるたくさんの幸福に気づける女になれば、自ずと浮気なんてしなくても幸せで満たされるキラキラ女子になれるはずですよ。
(yummy!編集部)

当記事はyummy!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ