4月からのあなたの運勢は? 新年度、開運のヒントをアドバイス

女子SPA!

 九星気学鑑定士でYouTuberの加藤有而朗(かとうゆうじろう)です。古代中国から伝わる氣学をベースにした、東洋占星術の一つである九星気学を使い、みなさんの2021年の全体運を判断します。

まずは、生年月日と誕生時間を選択するだけであなたの九星がわかる「【風水】九星気学カフェ」サイトの「九星気学シュミレーター」で、自分の九星を調べて、こちらの記事に戻ってきてください。

◆一白水星:あらゆることから解き放たれる

今年の一白水星は、九星気学の方位盤で「離」を表す南(九紫火星)の位置にいます。

新年度は出逢いと別れの季節。特に一白水星の方は、今年の「離」の作用で人間関係が一掃されるだけでなく、これまで自分を縛っていた考えや価値観からの解放など、様々な変化がみられます。

また、新たな出逢いから良い人脈の広がりも見込め、活躍の場も増えますが、今年は今まで隠れていたことが表面化しやすくなる時期でもあるため、なにかと気持ちが不安定になりがちです。ものごとにしっかりと向き合うためにも、精神面のバランスを整え、感情的にならないよう注意して下さい。自分なりのストレス発散方法を日常生活に取り入れながら上手く乗り越えていきましょう。

◆二黒土星:心の触れ合いで乗り越えて

今年の二黒土星は九星気学の方位盤で「始まり」を表す北(一白水星)の位置にいます。

何かと新しいことがスタートする新年度。特に二黒土星の方にとっては、今年始めたことが今後の充実した人生へと繋がり、尚且つ末永く続く傾向にあります。

この新年度を機に、お仕事でもプライベートでもやりたいことには是非挑戦をしてみましょう。ただし、あまり意気込みすぎると失敗や後悔に繋がりますので注意は必要です。

また、今年は北の影響により運勢が冷え込む時期のため、何かあると気持ちも落ち込みやすくなりますが、そのような時は是非周りの方に相談するなど、人との心の触れ合いを大切にするようにしてみてください。きっとあなたのことを後押ししてくれて、気忙しい新年度も上手く過ごしていけますよ。

◆三碧木星:たゆまぬ努力を惜しまないで

今年の三碧木星は九星気学の方位盤で「大地」を表す南西(二黒土星)の位置にいます。

人生の基盤が固まっていく時期でもある今年は、新年度を機に、どんな些細なことでもこつこつと取り組む姿勢を心掛けましょう。すると、そうした地道な努力が積み重なり、今後の人生のしっかりとした土台を築き上げることが出来ますよ。

しかし、今年の方位盤では悪い影響をもたらすとされている「歳破」にもあたるため、力量以上の努力や忍耐強さを求められることで大変さを感じるかも知れません。その際に途中で投げ出さないようにするためには、是非ほっと安らぐ時間を大切にして下さいね。そうすることで冷静に目の前のことと向き合え自分の軸がしっかり定まるので、やがて人生の基盤が固まることに繋がりますよ。

◆四緑木星:チャレンジ精神が発展の鍵

今年の四緑木星は九星気学の方位盤で「発展」を表す東(三碧木星)の位置にいます。

撒いた種が芽吹いて大きく成長していくように人生がぐんぐん加速していく、九年に一度の絶好のチャンスの年となります。

ポジティブで積極的な行動により成果が見込めますので、この新年度からはぜひ行動範囲や人間関係を広げ、ものごとには臆することなく挑戦してみて下さい。

ただ、今年は朝陽が昇って陰にも光が当たるように過去の問題が明るみに出てトラブルも懸念されますので、問題とは真っ直ぐに向き合い、早めの解決に努めて下さいね。

また、結果は焦らずに思いつきの行動は控え慎重さを心掛けましょう。そうしていくことで良い方向へと向かっていき、これまで積み上げてきた努力も成果に繋がりやすくなりますよ。

◆五黄土星:社交性を発揮し広がる

今年の五黄土星は九星気学の方位盤で「整い」を表す南東(四緑木星)の位置にいます。

今年の運勢は強く、春の穏やかなゆったりとした運の流れの中で、まるで豊かな木々へと成長するようにものごとが大きく繁栄し飛躍していきます。

新たな分野への挑戦も良いですし、また今年は、結婚や独立にもとても良い時期にあたりますので、新年度を迎えて良い出逢いがあれば積極的に交流を深めてみてください。

そういった人生における前向きな行動が、今後自分自身への揺るがない自信や人生の充実へと繋がっていくでしょう。なにごとも五黄土星の持ち前の行動力でベストを尽くすことで整っていきますよ。

ただし、気付かないうちにストレスも溜まりやすくなりますので、趣味やレジャーでリフレッシュを心掛けてくださいね。

◆六白金星:裸の王様にならないで

今年の六白金星は九星気学の方位盤で「帝王」を表す中宮(五黄土星)の位置にいます。

帝王ですから運の勢いも強く、新年度を迎えてどんな場面でも自然とものごとの中心となりやすく、また自分本来の実力を発揮出来ます。新しく環境が変わった方は、自信を持って積極的にものごとにあたるようにしてください。

また、抱えている問題は早めに解決するようにしてみると自然と自分自身と向き合うこととなり、より自分らしく生きられるようにもなるでしょう。

今年六白金星が位置する中宮は一般的に「八方塞がり」とも言われますが、無理をしなければ何か行動に移しても問題はありません。ただし、周りの人を大切にせず勝手な振る舞いをすると、八方の壁に阻まれてものごとが上手く運びません。常に謙虚な姿勢で、周りの意見には真摯に耳を傾けるようにしてくださいね。

◆七赤金星:飛躍を求めて前進するとき

今年の七赤金星は九星気学の方位盤で「実り」を表す北西(六白金星)の位置にいます。

今年は手掛けたことが着実に成果へと繋がる年です。新年度で仕事上やプライベートで新たなことを任せられることもあるかも知れませんが、大きな結果を求めるよりも内容の充実に力を注ぐようにしてみてください。

ただ、日々のハードさや、周りから実力以上のことを求められることで、体力的にも精神的にも負担を感じることもあるかもしれません。しかし、そんな大変な時ほど七赤金星本来の持ち前の前向きさで、肩の力を抜きながら向き合ってみて下さいね。自然と心にゆとりが持てるようになり、心身ともにリラックスした状態で前進することが出来ますよ。今後の飛躍を求めてポジティブに進んでいきましょう。

◆八白土星:リラックスムードに包まれる

今年の八白土星は九星気学の方位盤で「喜び」を表す西(七赤金星)の位置にいます。

新年度がスタートし、賑やかな出来事にも恵まれて充実したライフスタイルとなります。

昨年は運の勢いに押されて少々ハードだったかも知れませんが、今年はその勢いも落ち着きます。肩の力を抜き、なにごとにも楽な気持ちでどこか余裕をもって行うと上手くことが運びますよ。

そして新年度からは特に周囲との交流も増え、社交運もアップしますが、不用意な一言に足元をすくわれないよう言動には充分注意を心掛けてください。

また西は「夕陽」を表し、陽が落ちるという意味を持つため、何かを辞めるタイミングに適した今年は、新年度を機に、思いきって今までの慣れ親しんだ習慣を改めてみるのも良いでしょう。そうすることで、フレッシュな新年度の良い雰囲気に包まれながら楽しく毎日が過ごせますよ。

◆九紫火星:目標を定め変化を受け入れて

今年の九紫火星は九星気学の方位盤で「変化」を表す北東(八白土星)の位置にいます。

新年度は出会いの季節。新しい環境、そして新たな出逢いがもたらす良い刺激によって、あなたのこれからの人生が大きく変わっていくときです。

このような変化の前には、ものごとの停滞も予想されるため、これまで順調だったことがスムーズにいかなくなるような行き詰まり感から、焦りや不安そして迷いを感じるかもしれません。しかし、一度流れが止まることは良い方向へと進んでいる兆候ですので、是非マイナス思考にならず前向きに考えるようにしましょう。

そして今年位置する北東には「家族」という意味があるため、困った時、つらい時は家族に相談してみると、家族に支えられている安心感から気持ちが安定します。家族の温かさに触れながら乗り越えてくださいね。

<文/加藤有而朗>

【加藤有而朗】

東洋占星術の一つである九星気学を使い、運勢判断、方位取り、姓名判断を指南。「気学をもっと身近に!」のコンセプトでカジュアルに発信するYouTubeチャンネルも人気。大手企業の経営者やトップアスリート、著名人などへの開運コンサルティング実績も多数。公式サイト、Instagram:@kigakucafe

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ