【星読みコラム】2021年4月の星たちが教えてくれること

カナウ


【星読みコラム】2021年4月の星たちが教えてくれること

意識が冴えて、新たなことへの発想や判断がうまくいきそうな時期です。

新しいスタートの季節。まったく新しい世界に降り立って、右も左も分からない状態でスタートするのをイメージしてみて。

実感できないかもしれないけれど、あなたの中にはこれまでの自分が積み上げてきた知識や経験がちゃんとあります。

だから、今は根拠や裏付けがなくて不安だったとしても大丈夫!

この時期に感じる「やってみたい」「できそう」という感覚はあなたの素敵な未来からの予感です。信じて進んでいきたいタイミングです。

それではより具体的な空気感を見てみましょう!

目次

鋭い直感が戻ってくる!新しい自分でスタートできる


2021年に入ってからなんとなく勘が効かないなぁと思っていた方もいるかもしれません。
ちょっぴり周りの動きとか相手の心に目が向きやすい状態が続いていたのですが、4月はバッチリと自分の感覚にアンテナがピンと立っていきます。
判断能力も上がってくるのでテキパキと動いてどんどんやりたいことに挑戦してみて。
日本の4月は年度始めだったり、新たに入学、入社するなどスタートのタイミングを迎える人も多いのでは。新しい自分・新たに歩き始めた自分をこの社会にアピールしちゃいましょう。
特にこういった感覚は仕事などで発揮しやすそう!
誰かや何か、自分の実績や経験といった後ろ盾がなくても、「こうしたい」と思ったなら思い切って踏み出してみましょう。
自分が選び取っているんだという実感を何よりも大切にしてくださいね。

仕事も恋愛も楽しみたいなら「自分が楽しい」を最優先に


中旬に入ってきたら、序盤で活気付いた勢いが形になってきます。
これまでの自分の知識や経験が自然と活かされて、新しいことに繋がっていくこともありそうです。
形にするフェーズに入ると、どうしても4月の前半で感じていたようなワクワク感を忘れがち。
壁にぶつかっている感覚がやってきたら、一旦、自分を取り巻くルールとか求められている成果を横に置いて。
自分の感性で感じたものは何だったのかを大切にしながら、あなたが興味のある世界へと没頭していくのが脱出の鍵。
感性を活かした仕事に繋がりそうだし、恋愛も盛り上がってきそう!
このときにどれだけ楽しめるかは、4月の前半でいかに「自分が楽しい・好き!」と思えるものに時間を使えるか。
周りの人に呆れられたとしても、「今やりたいんだもん!」と自分の好奇心に素直になれたかで変わってくるので、思い切って楽しむ気持ちを忘れないでね。

うまくいく流れを使うなら4月中!


4月の大きなポイントのひとつは「全天体順行の終わり」です。
宇宙に浮かぶ星を地球から見ていると時期によって「逆行」して見える星があります。
それは実際に宇宙の公転方向を変えているわけではなく、地球とその星の位置関係によって、まるで反対方向に進んでいるように見える現象というのがあるんです。
私たちから見て「逆行」して見えるとき、占星術上ではその星の持つ力が停滞しやすいと考えられていたりします。
そして、一年の大半は何かしらの星が逆行して見えているので、珍しい出来事ではありません。
むしろ、すべての星が同じ方向に進んでいる時期の方が少ないくらい。
そんな貴重なすべての天体が順行している期間が4月28日までとなっています!
この日までは星の力がスムーズに借りやすいので、何かチャレンジしたい人はぜひやってみて!

感性の際立たせかた


4月に大切にしたいのは、自分の内側にある感性を大切にして、誰が何と言おうと他でもない自分だけは絶対に自分を信じてあげる!そんな気持ちで過ごしてみてください。
そして、その感性を大事に抱きかかえたままで、周りの人と心を通わせていくと、同じ気持ちを共有できる人に出会える可能性があります。
あなたの中にある感性は「自分」という個の確立を手伝ってくれますし、仲間を見つけるきっかけにもなってくれる。そんな時間となりそうです。
五感を使ってしっかりと快不快を感じること、そこから得たものを言葉にしてみること。こういったことをしていくと感性が際立ってきますよ。
(tomoco/占い師)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ