男性が「思いやりがある女性だな」と感じた3つの瞬間

愛カツ


「思いやり」とは、相手の気持ちや立場になって、心を配ることを言います。

人は油断すると「自分のことばかり」考えてしまいがちです。

「思いやり」と思ってした行動ですらも、過剰になると「過干渉」「押しつけ」になってしまいます。

そこで今回は、男性が彼女の行動から「程よい思いやり」を感じた瞬間を紹介していきます。

男性が「思いやりがある女性だな」と感じた3つの瞬間

■ 金欠を察してくれる

「給料前はさりげなく貧乏デートを提案してくれる」(24歳/建築業)
「外デートが続いたら、『手料理食べたくない?』と家で作ってくれた」(30歳/事務員)

男性はプライドがあるので、「金欠」とは言い出しにくいようです。

だからと言って、「おごってあげるよ」というのは少しストレートすぎますし、男性のプライドを傷つけてしまいます。

男性を立てるように、さりげなくお金のかからないデートに誘導されると、「こちらのことを気にしてくれてる」と嬉しくなるようです。

■ 1人の時間を作ってくれる

「彼女のことは大好きだけど、僕は『1人の時間』が欲しいタイプ。
1人の時間を作ることを嫌がらずに『そっとしておいてくれる』対応がありがたいです」(26歳/会計士)

仕事に集中したいとき、なにかを考えたいとき、機嫌を自力で直そうとしているときなど、男性は多くのシチュエーションで「1人の時間」が欲しくなります。

「どうしたの!?」「なんで一緒にいてくれないの?」と問い詰めることは避けてそっとしておいてあげてください。

あなたといたくないのではありません。ただ「1人の時間がほしい」だけなのです。

■ 代替案をくれる

「風邪をひいたとき、『会いたいしんどさ? 1人でいたいしんどさ?』と探るように聞いてくれたのはありがたかった。
ストレートに『会いに行っていい?』って言われると、『イヤだ』になっちゃいますので……。」(32歳/飲食)

提案が1つしかないとどうしても自己主張色が強くなり、しかも彼は「従う」か「拒否」しかできなくなってしまいます。

彼に負担をかけないように代替案を提案すると、相手の意見を大切にしながら、答えやすい環境を作ることができます。

■ 思いやりあふれる女性になろう

人は、余裕が無くなると「思いやり」を持てなくなります。

「思いやり」のある行動をするために一番大切なのは、自分が余裕を持つこと。

相手のことを考えられるだけの余裕がないときは、「今余裕が無いから自己中になってたらごめんね」と事前に伝えるのも、「思いやり」と言えるでしょう。

(矢島 みさえ/ライター)

(愛カツ編集部)

当記事は愛カツの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ