吉川愛、ジェンダーレス男子に愛される役「偏見を変えてくれそう」 初主演ドラマへの期待


●人が持つ偏見を覆すような部分も
NHK連続テレビ小説『おちょやん』での富山弁がキュートな女給役や、ディズニー映画『ラーヤと龍の王国』でのヒロイン役の日本版声優などで、今年のブレイクスルー女優として熱い視線を浴びている吉川愛。4月1日にスタートする読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『カラフラブル~ジェンダーレス男子に愛されています。~』(毎週木曜23:59~)では、映画『約束のネバーランド』で注目を集めた板垣李光人と共に連ドラ初主演を果たす。

ためこう氏の人気コミックの原作で、吉川が演じるのは、仕事熱心な漫画誌の編集者・町田和子(わこ)。ある日、板垣扮するファッションやメイクが完璧なショップ店員・相馬周(めぐる)から「ずっと好きだった」と告白された和子は、お試しで彼と付き合うことに…。

ジェンダー問題に斬り込みつつ、2人のみずみずしい成長を描く青春ラブストーリーとなりそうな本作。フォトジェニックなかわいすぎるカップル像が大いに反響を呼びそうだが、吉川自身は今回の役にどう向き合ったのか――。

○■ドラマ初主演「一歩目標に近づけた」

――板垣李光人さんと共にドラマ初主演となりましたが、プレッシャーなどは感じましたか?

初めてのことなので、一歩目標に近づけたといううれしさがありつつ、緊張感もありました。

――板垣さんの印象はいかがでしたか?

初めてお会いしたとき、すごくかわいらしい方だという印象を受け、周くんにぴったりだなと思いました。また、衣装も素敵なので、そこも楽しみにしてほしいです。

――脚本を読んだ感想も聞かせてください。

今まで、性別や世代の違いでお互いに理解されてなかったことや、偏見が持たれていた考え方を変えさせてくれるようなお話がたくさんあり、すごく魅力的な作品だなと思いました。また、見終わったあと、いろいろなことを考えさせられるような作品になるのではないかと思います。

○■異性の気づかない部分を見せてくれる作品に

――和子役にはどんなふうにアプローチしましたか?

自分の性格と似ているなと思ったので、自分が普段感じているようなことも表現できたらいいなと思いました。また和子ちゃんは、自分のことはさておき、好きなことに対して全力で向かっていく子で、そんなところが共感できる部分です。

――確かに和子は、猪突猛進タイプですね。

私も和子ちゃんほどではないですが、アニメが大好きで、とことん趣味に走ってしまうところがあります。和子ちゃんの一生懸命さやかわいらしさは魅力的な部分なので、私もそういう部分を表現していけたらと思いました。

――ドラマ全体の魅力をどう捉えていますか?

人が持つ偏見を覆すような部分もあると思いますし、異性の気づかない部分を見せてくれるような作品になるのではないかと思います。例えば、女性は男性の気持ちが分からないとか、その逆もあると思いますが、相手がしてほしいと感じることを教えてくれるような、深みのある作品になるのではないかなと思います。きっと毎回、様々な発見ができる内容になっていくと思います。

●『おちょやん』杉咲花から受けた刺激

――今年は吉川さんにとって飛躍する年になりそうです。朝ドラ『おちょやん』で一気に注目されましたが、富山弁がとても愛らしいですね。

私は東京出身なので、富山弁はすごく難しかったのですが、方言を習得できるんだと思うとすごくうれしくて、頑張ろうと思いながら演じていました。長期間、出演していたわけではなかったのですが、「『おちょやん』を見ています」と多くの反響をいただけてありがたかったです。

――主演の杉咲さんからは、どんな刺激をもらいましたか?

仕事に対してすごく努力されている方だなと思いました。杉咲さんが現場でセリフを覚えている姿を一度も見たことがなくて。あの膨大なセリフ量で、しかもヒロインなので休みも全くないにもかかわらず、台本を開くのは撮影するシーンを確認するときくらいだったんじゃないかと思います。一体いつセリフを覚えているんだろう、どういう記憶力をしているんだろうと感心しました。
○■転機になった天海祐希との共演

――吉川さんは3歳で芸能界デビューし、子役を経て、2016年に一時引退をされていますが、スカウトをきっかけに翌年には復帰されました。そのときはどんな思いがあったのですか?

芸能活動から離れていた時期に、自分の存在に気づいてくださる方もいて、「また再開するのを待っています」といった声を頂いていました。自分もまたこの仕事をやりたいと思った時期に、ちょうどスカウトしていただきました。

――心境の変化や演技への向き合い方は変わりましたか?

演技の仕方は少し変わりましたし、セリフの覚え方などは以前よりも早くなりました。

――女優業の醍醐味や、転機になった作品についても聞かせてください。

新しい自分を発見できるし、いろいろな役になれることが最大の魅力だと思います。転機となったのは、ドラマ『緊急取調室』(19年、テレビ朝日)で天海祐希さんと共演できたことで、この仕事をやっていて本当に良かったなと思いました。以前からずっと共演したいと思っていた女優さんで、しかも、対決するようなシーンもあって、すごく楽しかったです。

――オフショットで、天海さんとお話しする機会はあったのですか?

ありました。舞台の話になり、天海さんからいろいろなアドバイスを頂けたことがとても印象に残っています。舞台での天海さんも見てみたいし、いつかまた舞台でも共演してみたいなと思いました。

――Snow Manのラウールさん主演映画で、吉川さんがヒロインを務める『ハニーレモンソーダ』も待機中ですが、今年の目標を聞かせてください。

自分磨きを頑張ることです。外見だけではなく中身も変えられたらと思います。 今までやってなかったこととしては、眉毛サロンに行ってみました。アートメイクは仕事に影響するのでできませんが、気持ち的に変わるかなと思ったので。今後も徐々にいろいろなことを磨いていければなと思います。仕事については、目の前のことを頑張ってやっていこうと思っています。

●吉川 愛1999年生まれ、東京都出身。3歳から芸能界入りし、子役として芸能活動を開始。学業に専念するため、16年に芸能活動を休止するが、17年に連続ドラマ『愛してたって、秘密はある。』で復帰。ディズニー映画『ラーヤと龍の王国』(21年)の日本語吹替版のヒロインに抜てきされ、声優初挑戦。ドラマは『恋はつづくよどこまでも』(20年)、NHK連続テレビ小説『おちょやん』(20~21年)にも出演。ヒロインを演じた映画『ハニーレモンソーダ』が7月9日に公開予定。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ