ずっと隣にいていい?男性が彼女といて居心地のよさを感じる瞬間②

ハウコレ



一緒にいて居心地のいい人の周りには自然と人が集まってきますよね。恋愛においても同じで、男性が自分から近くにいたいと思う女性には、ある特徴があります。そこで前回に引き続き、男性が彼女といて居心地のよさを感じる瞬間をご紹介します。

■話を聞いてくれたとき
自分の話に興味を持って聞いてくれているときに居心地のよさを感じます。居心地のよさを感じさせる女性は聞き上手が多いです。相づちやリアクション、質問などをテンポよく織り交ぜると、相手は話すことが楽しくなっておしゃべりが止まらなくなります。男性は、自分の話を楽しそうに聞いてくれる女性に夢中になってしまうのです。

■世話を焼いてくれたとき
仕事や身の回りのことをサポートしてくれたり、リードしてくれたりする瞬間に居心地のよさを感じます。ただ単に助かるという気持ちもありますが、自分のための優しさに心が満たされる気持ちになるのです。やりすぎるとおせっかいになってしまうので、ほどほどがポイントです。

■察してくれたとき
空気を読むのが上手な女性は相手のしてほしいことやほっといてほしいことを敏感に察知し、常に相手にとって心地よい行動を心がけています。男性は、自分のことを気にかけて察してくれたと感じる瞬間に居心地のよさを感じるようです。こんな女性は一緒にいて気を遣わなくていいので、どれだけ一緒にいても苦にならないのです。

■自然体でいてくれたとき
男性は、女性が自分の前で自然体でいてくれる瞬間に居心地のよさを感じます。一緒にいる相手が自分に気を遣いすぎず自然体でいてくれると、こちらも肩の力を抜くことができますよね。男性は、女性のはしゃいでいる姿や無邪気な笑顔などのかざらない姿を見ると日ごろの疲れが吹っ飛ぶほどの癒しを感じるようです。

男性から居心地がいいと思われる女性は、相手のための行動ができるという特徴を持っています。こんな女性と一緒にいると男性は心が安らぎ、自分の居場所を感じることができるのです。彼が求める居心地のよさを作ることができれば、彼はあなたから離れられなくなるかもしれません。

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ