私達コレで乗り越えました!子育て奮闘エピソード~イライラ期編~

恋愛jp


子育ては、思い通りにならないこともあり、ついイライラしますよね。
思い通りにならないとわかっていても、感情をコントロールできないことも多いと思います。

では、イライラした時は、どのように対処すればよいのでしょうか?

(1)一息つく


イライラして怒りが爆発する時もあると思います。
そんな時は、深呼吸したり、一旦その場から離れたり、お茶やコーヒーを飲んだりと一息ついてみましょう。

また、イライラした時は鏡をみると、自分を冷静に客観視できます。
なかなか簡単にはおさまらないかもしれませんが、習慣化することで少しずつコントロールできるようになりますよ。

(2)周りを頼って気分転換


1人で頑張りすぎると、限界まで自分を追い込んでしまうこともあります。
時には周りを頼って、気分転換しましょう。

気分を整えれば、精神的にも安定するので、心に余裕ができるもの。
夫や両親、シッターなどに子どもを預けて、自分が好きなことをできる時間を少しでも確保してみて。

(3)イライラを受け止める


イライラを抑えようとすればするほど、イライラが増していくという経験はありませんか?
そんな時は、イライラを受け止めてみましょう。

完璧を求めなくても、イライラして当たり前と思えば、少しは楽な気持ちになります。
「今日はイライラしているから、家事は手抜きでいい」など、イライラしている自分を甘やかしてみて。

(4)子どもと同じ目線になってみる


親目線で子どもと接していると、「早く着替えて欲しい」「早くご飯を食べて欲しい」など色々な不満がでると思います。
しかし、子ども目線になれば、何にグズっているのか分かることもありますよ。

時間に余裕がある時は、子ども目線になって一緒に遊んでみるといいかも。
子どもの主張を受け入れることで、子どもが納得して機嫌が戻ることもありますよ。

親の思うように動いてくれなくて、イライラが爆発することもありますよね。
子どものしつけをきちんとしたいという気持ちもわかりますが、完璧を目指せば心が折れてしまうこともあります。

上手に感情をコントロールしながら、時には手を抜くことも必要ですよ。

(恋愛jp編集部)

当記事は恋愛jpの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ