雛形あきこ&天野浩成夫妻、初会見でラブラブ ステイホームも「ストレス感じなかった」

クランクイン!

 女優の雛形あきこが31日、東京・赤城神社で行われた短編映画『アンコン~夫婦あるある物語~』の先行配信成功祈願イベントに、夫で俳優の天野浩成とともに出席。終始仲むつまじい様子を見せた。

本作は、社会における「アンコンシャス・バイアス」(無意識の偏見)を男女双方の目線で描く共感型短編映画。共働き夫婦の妻・ゆき(雛形)と夫・ひろと(天野)が、周囲の生き方・働き方に刺激を受けながら幸せを模索する様を描く。

2人は結婚後、夫婦での映画共演も会見も初めて。雛形は、プライベートで夫婦げんかはないが、劇中で自身が怒るシーンがあると説明して「(天野が)そのシーンが怖くてしょうがなかったみたいで、家で読み合わせしておこうかと言ったら『あまり本気でやらないほしい。怖くなっちゃうから』と言われた。本番もすごく怖かったらしいです」と告白。天野は「目、見れていないですね…」と漏らしていた。

コロナ禍の夫婦関係についてたずねられて、雛形は「一番一緒にいた一年ちょっと。娘も含めて、こんなに長い時間過ごしたことはない。うちはマイペースで、そんなにストレスは感じなかった」と答えた。

同じ問いに、奥さん大好きの天野は「楽しかったです」と即答して満面の笑みに。「(コロナ禍で苦しんでいる方々もいるので)あまり軽はずみなことは言えないけど、僕としては、こんなに長く家族で一緒に過ごせる時間はなかったので有意義でした」と述べた。

天野はまた、これまで雛形を裏切ったことはないかと問われて、ないと答えるも、横にいた雛形が「でも、物を捨てたくないタイプなので『ゴミを捨てた』とかウソをつく。それを裏切りと言うなら、けっこう裏切っています」と話し、報道陣を笑わせた。

短編映画『アンコン~夫婦あるある物語~』は、HAPPY WOMAN公式サイトにて先行配信。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ