リニューアルした「JPリゾート 伊豆高原」(旧かんぽの宿 伊豆高原)のリゾートホテル化がガチ! 一足先に泊まってきたぞ!!



若い世代や、そうでなくとも人によってはあまり馴染みが無いかもしれない「かんぽの宿」。日本郵政が運営する日本各地のホテル・旅館のことで、2007年の郵政民営化の前までは簡易保険加入者が優先的に安く利用できるものだった。「かんぽ」とは、簡易保険のことだ。

民営化後は誰でも利用できるようになったのだが、経営は上手くいかず、閉鎖が相次ぐ事態に。状況を打開するため、日本郵政は2018年から経営を継続する各地の かんぽの宿の改修に着手した。

中でも「伊豆高原」と「鴨川」は、改修工事に約1年もかけるという力の入れよう。特に伊豆高原の方は、名称まで「JPリゾート 伊豆高原」に変えて、2021年4月1日にグランドオープンするという。はたしてどのような姿になったのか、メディア向けに開催された宿泊取材に参加し、一足先に体験してきたぞ!

・かつてのイメージ
実は小学生の頃に、家族旅行で日本各地にある「かんぽの宿」のうち、島原(休館中)と、鴨川(3月6日にリニューアルオープン済み)に泊まったことがある筆者。90年代の話なので、民営化前のことだ。

どちらも立地はガチに最強レベルで、オーシャンビューで温泉も出る。しかも周辺のホテルと比べれば断然安い(簡易保険加入者なら)。親は高コスパで嬉しそうだったが、金勘定など解さぬ子供だった筆者の印象は、あまりパっとしないものだった。

ダサくてボロい

子供の頃の話なので、記憶はそこまで鮮明ではない。しかし、島原にしろ鴨川にしろ、どこかお役所じみた建築のセンスと、一世代前の老朽化した設備が醸し出す「イケてない」印象は頭に残っている。大手ホテルのキラキラ感や、老舗旅館の雰囲気ある感じと比べると、明らかに見劣りするものだった。

筆者が子供の頃ですらそんな感じだったのだから、昨今ではもっとだったのだろう。各種口コミサイトや個人ブログを見ると、リニューアル前に投稿されたものは、立地やサービス、コスパの良さこそ褒めつつも、設備の老朽化に対してのツッコミがほぼ確実にある。

中~高年層には「簡易保険利用者向け」のイメージが残り、若い世代的にボロいのは致命的。ボロくちゃSNSでも映えないしな。経営悪化も当然の流れと言えよう。

・リゾートホテル化
それがリニューアルを経てどう変わったのか? まずは入り口を入ってすぐのロビーから。以前のは良くも悪くも昭和を感じる。特に塗装がツルツルで白くテカってる柱などに。地元の市役所もこんな柱だった気がする。

それが、壁、柱、照明、床など全てが高級感あるデザインに。そしてパーフェクトにオーシャンビュー。いや、以前もポジション次第ではオーシャンビューなはずだとは思うが、かつては植物で視界が遮られていた。リニューアル後は、まるで窓の向こうがすぐに海になっているかのようなデザインへ。

テラスに設けられた大きな水盤によって、そのまま海とつながっているように見えるという仕組み。宿泊者は、ここで海など眺めながらくつろぐことができる。晴れていれば伊豆大島をはじめとする伊豆諸島の島々も見ることができるだろう。

・大浴場も
水盤を利用して視覚的にラグジュアリー感を演出するテクニックは、大浴場の露天風呂にも取り入れられている。以前はガラスや植物で視界が防がれていたが……

今はこの通り、湯船に入りながら海を見ることができるぞ!

屋内の露天風呂も内装に変更が施されている。かつてはややオープンすぎた洗い場が……

リニューアルによって謎の像が撤去され、洗い場と湯舟の間に仕切りができている。落ち着いて体を洗えるようになったというわけだ。

個人的にこれは評価ポイントが高い。隣で体を洗うおっさんの石鹸の泡とかシャワーのお湯が飛んでこないしな。

・超高コスパ
もちろん宿泊客用の部屋も様変わりした。かつては全59室(和室42、洋室10、和洋室7)だったのが、リニューアル後は55室(プレミアム22室、スタンダードルーム33室)となっている。

スタンダードルームは全4種で、プレミアムルームは全5種となっており、プレミアムルームの方は全て半露天な温泉のお風呂が各部屋についている。部屋でゆっくり温泉を楽しむことが可能だ。

一番お値段が高いのはプレミアムラグジュアリースイート。ベッドルームの隣にリビングルームがあり、もちろんオーシャンビュー。

そしてベランダには温泉の出るお風呂。洗い場はお洒落かつ大胆なガラス張りだ。真下はロビー前のテラスだが、下からはちゃんと見えないようになっているぞ!

このクオリティで、お値段は1人1泊44200円から(通常のホテル同様、その日によって変動)となっている。この広さと仕様でこの値段はコスパが凄いと思う。その辺のホテルなどで同じような部屋に泊まろうとしたら、1泊10万超えもあるだろう。

お値段的には少し安いが、広さ的には一番だというプレミアムデラックススイートも見せてもらった。こちらはベッドルームが2つに

和室と洋室が1室ずつ。その先にはベランダと露天風呂がついている。どうなってんだよこの広さ。ロケットニュースの事務所より広いんじゃないか? ちなみにプレミアムラグジュアリースイートよりもお風呂が少し小さいもよう。お値段は1人1泊39800円から。コスパがマジでスゴい

筆者は今回、これらとは別のプレミアムテラスツインという部屋(1人1泊33200円から)に宿泊させていただいたが、部屋の防音も各種アメニティもベッドの寝心地も、全て家より遥かに快適だった。

先のハイグレードな2種のプレミアムルームと比較すると、部屋のサイズや露天風呂の解放感が、最も大きな体感できる違いだろうか。カップルや友人同士でのちょっといい旅行とかには、コスパ的にも広さ的にも、手ごろでいい気がする。

公式HPではイラストでの間取り図も掲載されているので、そちらも合わせて参考にしていただきたい。

スタンダードルームは22200円からだが、個人的には1万円出して部屋に風呂がついたプレミアムルームがいいと思う。なお、プレミアムルームの中で一番安いプレミアムツインは29900円から。

・夕食は
基本的にかんぽの宿では、部屋ではなく夕食のグレードに応じて値段が変化するシステムだが、「JPリゾート 伊豆高原」では夕食は1種類のみなもよう。約1ヵ月単位で内容を変え、その時々で仕入れたものを利用した創作料理を提供していくそうだ。

なお、連泊する宿泊客に対しては、適宜料理を変えて対処するそう。今回はグランドオープン後の4月1日からの約1ヵ月間で提供される予定のコースを味わわせて頂いた。次のページ(https://wp.me/pbYbbF-6bpg)では、めちゃくちゃハイクオリティなコース料理をお見せしていくぞ!

参考リンク:JPリゾート伊豆高原郵政民営化委員会(PDF)
執筆:江川資具
Photo:RocketNews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ