英ベアトリス王女、読み聞かせを通じて読字障害の子供達を励ます

ディスレクシア(読字障害)を抱える英王室ベアトリス王女が来月2日の「国際子どもの本の日」に先駆け、読み聞かせを披露した。王女はディスレクシアを「素晴らしい贈り物」と形容するとともに、同じ障害に悩む子供達にエールを送っている。

ディスレクシアは学習障害の1つで、「読字障害」「読み書き困難症」などと呼ばれる。この障害は家庭環境に阻害要因が認められないにもかかわらず、読み書きの発達が特異的にブロックされている状態を指すものだ。

「GOV.UK」によれば、現在イギリスでは人口の10%にあたる人々がディスレクシアの症状を抱えており、11歳程度の読解力の成人の割合はおよそ6人に1人という。英王室ウィリアム王子・ヘンリー王子の従妹にあたるベアトリス王女もその1人で、王女はかねてからディスレクシアを抱えていることを公言してきた。

そんな王女は現在、ディスレクシアに関する知識や理解を深めるべくグローバルに活動するチャリティ団体「Made by Dyslexia」のアンバサダーを務めているが、このほど来月2日の「国際子どもの本の日(International Children’s Book Day)」に先駆け、同団体創設者ケイト・グリッグスさんによる著書『Xtraordinary People』の読み聞かせを披露した。

過去のインタビューでは、ディスレクシアであることで「劣等感を抱きながら子供時代を過ごした」と語っていたベアトリス王女だが、このたびの読み聞かせでは子供達に向けて、

「皆さんは私がディスレクシアであることを知らないかもしれませんね。学校ではちょっと大変なこともあったけれど、今はたくさん練習したおかげ、そして周りの大きなサポートのおかげで、ディスレクシアであること、そして一人ひとりが持つ“スーパーパワー”を見つけるお手伝いをしてくれる素晴らしい団体とお仕事ができることをラッキーだと思っています。」

と自己紹介。そして時折抑揚をつけながら『Xtraordinary People』を読み進める中で、周りと違った特質を持つことの素晴らしさや、並外れた才能を活かすことで可能性は無限に広がるといった同著のポジティブなメッセージを表情豊かに伝えた。

昨年7月に不動産開発業に携わるビリオネア、エドアルド・マペッリ・モッツィ氏と結婚し、同時に彼の息子ウルフィーくん(5)のステップマザー(継母)となり、エリザベス女王直系の家系から誕生した初の“継母プリンセス”と注目を浴びたベアトリス王女。最近のインタビューでは、パンデミックという「奇妙な時代」と向き合う中で、ウルフィーくんに読み聞かせをして過ごす時間は、笑い声や日々の生活の中の小さな魔法を見つけ出すのに大きな役割を果たしている―と明かしていた。自身が幼少期のベッドタイムストーリーとして慣れ親しんだお気に入りの絵本を、今ではウルフィーくんと読んでいるとも述べていた王女。今回披露した読み聞かせの腕前も、おそらくそんな時間の中で培われたのであろう。

ちなみにハリウッドにも、ジェニファー・アニストンウーピー・ゴールドバーグトム・クルーズキアヌ・リーブスなどディスレクシアに悩んだ過去を明かした女優・俳優は多数存在する。俳優オーランド・ブルームは今から2年ほど前、「Made by Dyslexia」のインタビューで自身の体験を語っていた。

画像2枚目は『MADE BY DYSLEXIA 2021年3月29日付Instagram「Something #Xtraordinary is coming on Friday」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 c.emma)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ