シャオミもMi Mix Foldで折りたたみスマホに参入

Image: Xiaomi

安い(他社比)。

中国最大のスマートフォンメーカーことXiaomi(シャオミ)が、とうとう初となる折りたたみスマートフォン「Mi MIX Fold」を発表しました!

9,999元(約17万円)と、それなりに高価なMi MIX Fold。しかし、とても良く似たデザインの折り畳みスマートフォンことSamsung(サムスン)のGalaxy Z Fold2の2000ドル(約22万円)や、Huawei(ファーウェイ)のMate X2の2800ドル(約31万円)と比べると、お得感があります。



Z Fold2やMate X2と同じく、Mi MIX Foldも内折り式の2,480×1,860ドットの有機ELディスプレイを搭載。これは広げると8.01インチサイズになります。ただしライバル機の90Hz駆動や120Hz駆動とは異なり、Mi MIX Foldのディスプレイは60Hz駆動です。

そして本体を閉じると、外側の6.52インチ/2,520×840ドット/90Hzの有機ELディスプレイが利用可能。こちらではメッセージを送ったりマップを使ったり楽曲をコントロールしたりと、サブディスプレイとして利用できます。
Xiaomi

背面に搭載されているのは、サムスン製の1億800万画素のHM2センサーカメラ、300万画素の超広角カメラ、800万画素/3倍光学ズームの望遠カメラ。またリキッドレンズを採用したことにより、望遠カメラが3センチまで接写できるマイクロカメラとしても利用できます。さらにリキッドレンズを制御するためにシャオミはSurge C1という独自ISPを開発し、低照度、オートフォーカス、ホワイトバランスのパフォーマンスを改善しています。
Xiaomi

スペックとしては、プロセッサがSnapdragon 888でRAMが最大16GB、内蔵ストレージは最大512GB。2個搭載されたバッテリーの合計容量は5,020mAhで、67Wの高速充電が可能です。またHarman Kardon製のクアッドスピーカーや、強度を高めるセラミック製の背面パネルも採用されています。さらにヒンジは100万回の動作に耐えることができるそう。
Xiaomi

PC ModeではMi MIX Foldを小型ラップトップとして利用することができ、タスクバーやウィンドアプリが使えます。

そんな魅力的なMi MIX Foldですが、現時点では中国市場向けの発売予定しか発表されていません。米国をはじめとする諸外国では、当面Galaxy Z Fold2が選択肢として残ることになりそうです。

当記事はギズモード・ジャパンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ