分かっていてもキュンとくる...男性を魅了する言葉って?♡

ハウコレ

「男ウケの良いセリフ」や「男性へのアプローチに有効な言葉」というのは、広く知られています。女性からするとわざとらしい言葉も多く「こんなこと言われて、本当に信じる男性なんているの?」という気分になることもあるでしょう。

しかし、そんな女性の思いとは裏腹に、男性としては「わざと言ってることは分かってるけど、それでも言われると嬉しい言葉」も存在しています。

そんな「分かっていてもキュンとしてしまい、女性の思い通りになってしまう」言葉について紹介していきます。

■①「〇〇さんは頼りになるね」
男性に何かをしてもらった時「〇〇さんは頼りになるね」と褒めることもあるでしょう。

実際、「頼りになる」という言葉を日常生活で使うことはほぼなく、男性に意識してほしいからわざと使うという女性も少なくはありません。自分の横で言っている女性を見ると「あの人を狙ってるんだな」とすぐに分かってしまうこともあるでしょう。

しかし、男性としては分かっていても嬉しくなってしまいます。頼りにしてもらえているということで男性のプライドが刺激されるため、満足してしまうのです。少しくらいわざとらしくても、気になる男性に使うと効果的かもしれません。

■②「〇〇さんにだけ言うんだけど」
「ここだけの話だけど」というのは社交辞令のように使われることもあります。人の口に戸は立てられぬという言葉の通り、内緒のつもりで話したことが勝手に広がることもあるでしょう。

また、口止めとして「誰にも言わないでね」と言いつつ打ち明け話をしているのに、自分で複数人に言っているという人も少なくはありません。

ですが、そういう事情は分かりつつ、男性としては「こんなこと〇〇さんにしか言えません」や「〇〇さんだからこそ、言うんですけど」というように言われると、自分が特別扱いされているように感じて嬉しくなるようです。特に女性から言われると、自分は周りの男性よりも優れていると言われているように感じる男性も少なくはありません。

■③「さすが〇〇さん!」
「頼りになる」という言葉と同じように、「さすが〇〇さん!」という言葉も、そうそう使うものではありません。

実際、同性に対して「さすが〇〇ちゃん!」のようにいう時は、おだてる目的だけではなく、少しふざけて場を和ませるような使い方をすることも多いでしょう。しかし、男性はそういう女性のノリを知りません。

そのため「さすが!」と褒められると本心から褒められているように感じるようです。中には、女性は軽い冗談の気持ちで言っただけなのに、男性が本気にしてしまってトラブルになるというケースもあるようです。

■「分かっていても男性が喜ぶ言葉」を使ってモテ女性になろう!
女性が男性に対して使う褒め言葉は、わざとらしいものも多く、同じ女性から見るとお世辞で言ってるのがバレバレというケースも少なくはありません。

しかし男性は本気で喜ぶこともありますし、場合によってはお世辞だと分かっていても嬉しいということもあります。そういう言葉を照れずに使えるようになれば、男心を簡単につかむことができるでしょう。

モテ女性を目指すのであれば、自然にそういった言葉が出るように練習してみてはいかがでしょうか。(土井春香/ライター)

(ハウコレ編集部)

当記事はハウコレの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ