注目の「大豆ミート」が中華まんで登場 肉まんとの違いを食べ比べ調査

fumumu


大豆ミートまん

”ガチ炭水化物は抜くけど、一品だけで脳が満足するジャンクディナー”こと「ぶちかましメシ」略して「ブチめし」。

今週は注目のヘルシー食材・大豆ミートです!

画像をもっと見る

■注目の大豆ミート商品


今週ご紹介するのは、肉まんで知られる井村屋の「大豆ミートまん」(350円・税別 ※2個入り)。

大豆ミートまん

以前かジワジワ注目されていた「大豆ミート」。”畑のお肉”と形容されるほど栄養素が高いと言われる大豆から、たんぱく質を取り出し繊維状にして、お肉のように仕上げた食品素材です。

最近ではテレワークなどによる生活の乱れが問題視されるなか、ますます注目を浴びているよう。コンビニでも大豆ミート食品が続々展開されています。

関連記事:

■罪悪感を感じず食べられる


同商品は、その名の通り豚肉のかわりに大豆ミートを使った中華まん。竹の子や椎茸、玉ねぎなど食感のある具材と合わせ、また植物性由来のブイヨンを使用し、旨味や甘みを実現しているのだとか。

しかし気になるのは本物のお肉との違い。そこで今回fumumu取材班では「肉まん」と食べ比べをしてみました。

大豆ミートまん

1個あたりのカロリーと炭水化物は、「大豆ミートまん」が227kcalで34.4g、「肉まん」は157kcalで26.5gです。「大豆ミートまん」約100g、「肉まん」約72gと元の容量の違いを考慮しても、さほど変わりはないよう。

大豆ミートまん

しかし「大豆ミートまん」は、脂質やコレステロールが低く、高たんぱく質といった点から、罪悪感を感じることなく食べられるのが嬉しいポイントだそうです。

■肉まんとの違いは?


早速それぞれをレンジであたため、お皿に並べてみました。元の容量が違うため、「大豆ミートまん」のほうがやや大きめですが、明確に違うのは、その色味と生地の質感。

大豆ミートまん

「肉まん」に比べ、少し色が黄色よりで、その上ザラっとした表面がどことなく本格的。二段発酵製法で作っているため、もっちりとした食感が特徴なのだそう。

大豆ミートまん

割ってみると、中身は「大豆ミートまん」のほうが繊維状になっており、具材も大きめ。とはいえ色味には違いはなく、一見すると普通の「肉まん」に見えます。

■肉まんと食べ比べ


ひとくち食べてみると、「肉まん」のなめらかな口あたりに対し、「大豆ミートまん」はサッパリした食べ心地。具材が大きいのと繊維が細かいためシャキシャキとしていて、野菜の旨味をしっかり感じられます。

大豆ミートまん

口に入れた後やや大豆の風味がするため、完全にお肉とはいきませんが、ほとんど気にならない程度という感じ。しっかりした味わいと、弾力のある生地も相まって満足度は抜群です。

ダイエット中やヘルシー食品が気になる人はもちろん、夜食や朝食などにもピッタリなのでぜひチェックしてみてはいかがでしょう。

・合わせて読みたい→ローソン『大豆ミートのから揚げ』がお肉の食感を実現! 味の満足度も高し

(文/fumumu編集部・ヨザワ マイ)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ