【#ドラマ絶対BL】ゆうたろう「すごいイチャイチャするので、乞うご期待」【独占インタビュー】

ウレぴあ総研

SNSでバズりまくりのメタBLコミック『絶対BLになる世界VS絶対BLになりたくない男』がついにドラマ化。3月27日21時よりCSテレ朝チャンネル1にてオンエアされている。

主人公は、どこにでもいる平凡なモブキャラクター。しかし、彼が住んでいるのは、登場人物たちが必ずBLになってしまうBL漫画の世界だったーー。

すれ違うだけで恋におちる世界で、次々と立ちまくるBLフラグを必死に回避する主人公の奮闘をコミカルに描いた本作。完全実写化にあたり、2次元の世界に勝るとも劣らない超絶イケメンたちが名を連ねた。

そこで、放送に向けて出演者たちに独占インタビュー。主人公の弟・綾人役を演じるゆうたろうに話を聞いた。

■演じながら普通にキュンキュンしています

――ゆうたろうさん演じる綾人は、どんな男の子ですか。

犬飼さん演じるモブの弟で、綾人自身もモブ。可もなく不可もない人生を送ってきた男の子です。なので、撮影のときはモブであることを意識しながら演じていました。

――じゃあ、普段の可愛らしさはちょっと封印して。

そうですね(笑)。今までカッコいいとか可愛いに振った役が多かったんですけど、今回は“盛る”という概念を自分から一切外して、目とか死んでます(笑)。

衣装も学生服か、地味な普段着が中心。どんなふうに映っているのかちょっと怖いんですけど、初めてこういう役づくりができたので、自分にとっては挑戦的な役柄になりました。

――作品の世界観はいかがでしたか。

すごいイチャイチャするので、乞うご期待っていう感じです(笑)。最近、BL作品が続いていて、僕もだんだんこの世界にいることに違和感がなくなってきたので、演じながら普通にキュンキュンしていました。

――綾人の恋のお相手はどなたになるんでしょうか。

塩野瑛久さん演じる東條ですね。『来世ではちゃんとします』でご一緒したんですけど、挨拶くらいしかできていなくて。今回がっつり絡むことができて、楽しかったです。

しかも初日から、あるシーンがあったんですよ。でも最初に体の距離が近くなったおかげで、そのあとはすごいやりやすかったです。

■迫ってくる塩野さんの顔がとても綺麗で……

――そのシーンは演じてみてどうでしたか。

いちごの香りがしました(笑)。実はもともとそのシーンは台本にはなくて。監督の現場のアイデアでやることになったんですけど、僕の右上から迫ってくる塩野さんの顔がとても綺麗で、本当にキラキラしていました(笑)。

あと、塩野さんとは話している中で共通の趣味が見つかったんですよ。

――それは何ですか。

アーティストの「女王蜂」です。ちょうど僕が女王蜂の武道館ライブに行ったところで、現場でつい鼻歌が出ちゃったんですね。そしたら塩野さんが「それ、女王蜂だよね。俺も好き」って声をかけてくれて。

あんまり音楽の趣味が人とかぶったことがなかったので、すっごいテンションが上がって、「今度ライブがあったら誘いますね」なんて話をしたり。そこからぐっと距離も縮まった気がします。

――では最後に、もしゆうたろうさんが、「絶対BLになる世界」の住人になったらどうしますか。

意外とモテるタイプなんじゃないかなと思っています(笑)。それぞれタイプがあると思いますが、僕みたいなキャラクターの人ってあまりいないので、珍しがられるんじゃないかなって。

個人的な願望と勝手な妄想としては、いろんな人にアプローチされてモテていたいというのが理想です(笑)。

『絶対BLになる世界vs絶対BLになりたくない男』は3月27日(土)夜9時からCSテレ朝チャンネル1にて放送スタート!

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ