U-NEXTが米ワーナーメディアとSVOD独占パートナーシップ契約を締結 HBOとHBO Maxの新作ドラマなどを日本で独占配信

SPICE


U-NEXTが米ワーナーメディアとSVOD独占パートナーシップ契約を締結したことを発表。HBOとHBO Maxのオリジナル作品などがU-NEXTで独占見放題配信されることが明らかになった。

HBOは、『セックス・アンド・ザ・シティ』や『ゲーム・オブ・スローンズ』などで知られるアメリカのプレミアムチャンネル。また、ワーナーメディアが提供するHBO Maxは、2020年5月にアメリカでローンチされた動画配信サービスだ。HBOとHBO Maxの加入者数は、全米で4,150万人(※2020年12月末時点)にのぼっている。


U-NEXTは、ワーナーメディアとのSVOD独占パートナーシップ契約の締結したことで、HBOおよびHBO Maxオリジナルの新作を日本初の独占見放題配信。対象となるのは、HBOオリジナルの新作TVシリーズ・ドキュメンタリー・映画と、HBO Maxオリジナルの新作TVシリーズ・ドキュメンタリーだ。なお、HBO Maxオリジナルの新作映画は今回の契約に含まれていないが、「今後配信する可能性はゼロではない」とのこと。


現在発表されているラインナップでは、リドリー・スコット製作総指揮のHBO Maxオリジナルシリーズ『レイズド・バイ・ウルブス / 神なき惑星』が4月1日から配信予定。そのほか、HBOドラマシリーズ『The Nevers(原題)』や、スティーヴン・スピルバーグ製作総指揮『Oslo(原題)』、タイガー・ウッズのキャリアに迫るドキュメンタリー『タイガー・ウッズ / 光と影』などが配信される。


さらに、『セックス・アンド・ザ・シティ』や、『チェルノブイリ ーCHERNOBYLー』、『ウエストワールド』、『ウォッチメン』といったHBOの人気作の独占見放題配信も決まっている。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ