「アニメージュとジブリ展~鈴木敏夫の仕事」が4月15日に東京からスタートするわよ!伝説を振り返る展覧会だぞ!

めるも編集部

日本が誇るアニメスタジオ、スタジオジブリ。

もはや伝説ともいえるスタジオジブリに、これまでとは少し違った角度から切り込んだ展覧会「『アニメージュとジブリ展 ~鈴木敏夫の仕事~』それは、一冊の雑誌から始まった」が、開催されることが決定しました。

2021年4月の東京会場を皮切りに、以降は宮城県石巻市など全国を巡回する予定。スタジオジブリの原点を、“鈴木敏夫”という立役者の目を通して見つめる企画展です。

 

“もう一つの仕事”に焦点をあてて

 

鈴木敏夫といえば、スタジオジブリが世に送り出してきた数々のヒット作をプロデュースしてきた人物。ジブリを語るうえでは、外すことのできないキーパーソンです。

そんな鈴木敏夫の“もう一つの仕事”にスポットを当てたのが、今回の展覧会「『アニメージュとジブリ展 ~鈴木敏夫の仕事~』それは、一冊の雑誌から始まった」。プロデューサーとしてではなく、編集者としての鈴木敏夫の仕事に焦点を当てた、これまでとはひと味違う切り口で、スタジオジブリの原点を振り返ることができます。

 

編集者としての鈴木敏夫

知っている人も多いかと思いますが、鈴木敏夫はアニメ専門誌の草分け「アニメージュ」を1978年の創刊から支えた編集者でもあります。

つまり今なお名作として名高い『宇宙戦艦ヤマト』や『機動戦士ガンダム』を始めとする、日本でのアニメブームを盛り上げた立役者の一人なのです。

「アニメージュ」の編集に携わる中で、高畑勲、宮崎駿両監督と運命的な出会いをしたことで、スタジオジブリの伝説の始まりでもある『風の谷のナウシカ』が世に送り出されました。

 

編集者としてのプロデュース術

アラーキー(荒木経惟)撮影

「『アニメージュとジブリ展 ~鈴木敏夫の仕事~』それは、一冊の雑誌から始まった」では、鈴木敏夫が編集に携わった、創刊から1989年11月号までの12年弱にわたる「アニメージュ」をもとに、その仕事に着目します。

鈴木敏夫、アニメージュ、そしてスタジオジブリ。この3者が日本のみならず世界に与えた多大な影響を、今一度、肌で感じてみませんか?

 


【詳細情報】
「アニメージュとジブリ展 ~鈴木敏夫の仕事~」それは、一冊の雑誌から始まった

開催期間:
・東京会場(松屋銀座)2021年4月15日~5月5日
・宮城会場(石巻市)2021年夏

イベント公式サイト:
https://animage-ghibli.jp/

※新型コロナウイルス感染症拡大の状況により、開催日時が変更となる場合があります。最新情報は公式サイトをご確認ください。


 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ