初回視聴率2.7%! 麒麟・川島『ラヴィット!』はヒルナンデス!+ジョブチューン+サタデープラスのいいとこ取り

ガジェット通信



麒麟・川島明が司会を務める朝の新番組『ラヴィット!』(TBS系)。29日の初回視聴率が2.7%(ビデオリサーチ調べ、関東)と、同時間帯のワイドショーで最下位を記録したことが分かった。

この番組は3つの番組と類似点がある。

最初に考えられる類似番組は『ジョブチューン ~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』(同系)だ。

29日の『ラヴィット!』では「超一流パティシエが選ぶ!一番美味しいセブンイレブンのスイーツ」、30日は「超一流のイタリアンシェフが選ぶ!一番美味しい市販のパスタソース」と、一流の料理人に食べてもらってランキング化。クイズ形式にして、スタジオのパネラーに当ててもらっていた。

だが、この『ラヴィット!』のチーフ・プロデューサーは『ジョブチューン』を担当している。この番組では、一流の料理人がチェーン店の味を審査したり、コンビニの食品を激変させる企画などを行っているが、そこから着想したり、料理人の人脈を引っ張り出しているのかもしれない。

2つ目の類似番組が、毎週土曜土曜の朝、関ジャニ∞丸山隆平と小島瑠璃子が司会をしている『サタデープラス』(同系)だ。

いろいろ実食してランキングにしていく『ラヴィット!』の形式だが、実は『サタプラ』でも「カレーパンをひたすら食べてランキング」「レトルトおでんを食べ比べてベスト5」など、とにかく試してランキングにする企画がメイン。来月3日の『サタプラ』では「スティック掃除機」を試してランキングにするようだが、おそらく『ラヴィット!』でも、家電を試してランキングする企画をいずれやるだろう。

3つ目の類似番組が、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)だ。『ラヴィット!』で行っているランキングクイズは同番組の人気企画でもある。ただし『ヒルナンデス!』とレギュラーがかぶってはいけないと考えた結果、丸山桂里奈、ぼる塾、宮下草薙と、さわやかな時間帯を超越したメンツがそろってしまった。

番組キャラクターのウサギが、スタジオのパネラーを寒くイジったりするなど、いろいろ疑問点を数え上げればきりがない『ラヴィット!』。ただし前番組の『グッとラック!』もスタート当初は散々叩かれていた。大いに期待したい。

(執筆者: genkanaketara)

当記事はガジェット通信の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ