稀少価値の高い天然真珠を発見した女性「これを売って母の治療費に」(タイ)<動画あり>

このほどタイの女性が、市場で購入した貝から希少価値の高いオレンジ色の天然真珠「メロパール」を発見した。女性の一家は生活が苦しく、がんを患っている母親に治療を受けさせることもできない状態だったが、この1粒が家族を幸せに導いてくれるようだ。『Mirror』『BangkokJack』などが伝えた。

タイのサトゥーン県に住むコッチャコーン・タンティウィワトクルさん(Kodchakorn Tantiwiwatkul)が現地時間18日、「希少価値の高い真珠を発見した」と公の場で明らかにしたことで多くの関心を集めている。

コッチャコーンさんは今年の1月30日に地元の市場で1キロあたり70バーツ(約245円)の巻貝を購入し、家族の夕食を作るために貝の身を細かく刻んでいた。ところがひとつの貝から直径1.5センチほど、重さが6グラム程度の丸い物体を見つけたという。

その物体は希少価値の高いオレンジ色の真珠「メロパール」ということにコッチャコーンさんは気付いた。というのも少し前にタイの男性がメロパールを発見し、3千万円以上で買い取りのオファーがあったというニュースをコッチャコーンさんは見ていたからだ。

その後、コッチャコーンさんは市場で巻貝を売っていた人がメロパールの権利を主張してくるのを恐れ、家族以外の人にはしばらく秘密にしていたそうだ。

しかしコッチャコーンさん一家は生活が苦しいうえに、がんを患う母親にまともな治療を受けさせることができなかったため、今月になってメロパールのことを公表して買い取ってもらうことにした。コッチャコーンさんの父親ニワットさん(Niwat)は、次のように語っている。

「私も事故に遭って怪我の治療をしなければなりません。それに妻のがん治療のためにも100万バーツ(約350万円)以上が必要なのです。」

またコッチャコーンさん本人はメロパールを高値で買い取る人が現れるのを期待しており、このように明かした。

「私たちの他にもメロパールを見つけ、高値で売ることができたという話を聞いたことがあります。お金は今、私たちの大きな助けになるので、彼らと同じように高値で買い取ってもらえたらと願っています。」

タイでは先月、ナコンシータマラート県在住の男性が浜辺で拾った貝殻からメロパールを見つけ、1000万バーツ(約3500万円)で買い取りオファーを受けたことで注目を集めていた。

メロパールはタイやミャンマー、ベトナム、カンボジアなどに生息するハルカゼヤシガイという巻貝から産出される真珠で、オレンジ色から黄褐色、茶色のものまであるが、オレンジ色が最も価値があるという。

画像は『Mirror 2021年3月27日付「Penniless woman finds orange pearl worth tens of thousands of pounds in her meal」(Image: ViralPress)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ