全員クセ強すぎ! 『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』ティザー予告公開

クランクイン!

 DC映画最新作『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』より、放送禁止用語もお構いなしのティザー予告映像が公開された。

2016年公開の映画『スーサイド・スクワッド』を、映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督を迎え“完全に再構築”する本作。キャストには、続投となるマーゴット・ロビー、ジョエル・キナマン、ジェイ・コートニー、ヴィオラ・デイヴィスに加え、イドリス・エルバやマイケル・ルーカ―、ジョン・シナ、デヴィッド・ダストマルチャン、ダニエラ・メルキオールら実力派が新たに出演。さらに、70歳を超えてもなお鍛え上げた肉体を武器にスクリーンで大暴れし続けるシルヴェスター・スタローンまでもが参戦する。

公開されたティザー予告は、ジェームズ・ガン監督らしいコミカルな会話劇や、監督の真骨頂であるメロディアスな楽曲にのせた激しいアクションシーンを垣間見ることができるもの。

あるデス・ミッションのために集められたのは、ハーレイ・クイン(マーゴット)、ブラッドスポート(イドリス)、キング・シャーク(スティーブ・エイジー)、ポルカドットマン(テヴィッド)、サヴァント(マイケル・ルーカー)、シンカー(ピーター・キャパルディ)、ブラックガード(ピート・デヴィッドソン)などなど、10人以上のクセの強すぎる主人公たち。首の後ろには爆弾が埋め込まれ、裏切ったり間違ったりすれば容赦なく吹っ飛ばされるという状況だ。

映像からはイドリス演じるブラッドスポートがリーダー的なポジションを務め、“スーサイド・スクワッド”が武装勢力と戦う姿が見て取れるほか、悪カワ・ヒロインのハーレイ・クインが銃を乱射して暴れまわり、相変わらずのマイペースぶりを発揮。また、随所で絶大な存在感を放つ強烈なキャラクター、半分人間で半分サメのキング・シャークをはじめ、個性豊かな悪党たちの姿にも目を奪われる。さらにヘリコプターが墜落し、ビルが崩れ落ちる様子からは、超大作らしいド派手なアクションに期待が高まるところ。

果たして、ノリで行動する“極”悪党の彼らにしか解決することができない自殺級のミッションとはどんなものなのか。彼らを待ち受ける運命とは?

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は今夏全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ