仲里依紗、『時をかける少女』4DX上映に「今からとても楽しみ」 入場者特典も公開

クランクイン!

 スタジオ地図設立10周年記念プロジェクトの一環として4月2日から期間限定上映される『時をかける少女 4DX』より、主人公・紺野真琴の声を務めた女優・仲里依紗からコメントが到着した。

本作は、SF作家・筒井康隆の小説を細田監督が再構築し、初めてアニメーション映画化した『時をかける少女』(2006)を体感型の4DXで上映。タイムリープという過去に飛べる能力を手にした女子高校生の真琴は、自分の過去をやり直していくうちに「人生のかけがえのない時間」の意味を見つけ出していく。

本作が公開された2006年、仲はまだ16歳の若手女優だったが、真琴をみずみずさを感じさせるヒロインとして見事に命を吹き込んだことで注目を浴びた。全国わずか6館の公開でスタートした本作は、観客の評判が全国的に広まって異例の8ヵ月を超えるロングラン上映を果たす。その後、女優として実写版『時をかける少女』(2010)でも主演を務めた。

仲は「私にとって大切な作品である『時をかける少女』が映画館に帰ってきます! しかも、4DX! 私も体感しに劇場に行きたいと思います。今からとても楽しみです」と上映を待ち望むコメントを寄せた。

また、本作の先着入場者特典も発表。若者に絶大な人気を誇るイラストレーターのダイスケリチャードが手がけた『時をかける少女』をデザインしたミニクリアファイルで、真琴と千昭が自転車に2人乗りする姿、そして夕陽が真琴1人の影を映し出すさまが描かれている。

このイラストは、細田作品を手がけるスタジオ地図設立10周年を記念し、グラニフと1月からスタートした過去5作品のコラボレーションTシャツを5ヵ月間連続でリリースする企画の第1弾で採用されたもの。コラボTシャツは初回ロットが早々に売り切れ、増産されるほどの人気となっている。

映画『時をかける少女 4DX』は、4月2日より全国4DXシアター(一部劇場を除く)にて期間限定上映。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ