アンタ柴田は「プロ意識の塊」 2年間共演した上田まりえが“痺れた一言”明かす

柴田英嗣(アンタッチャブル)が水曜パートナーを務めた文化放送『なな→きゅう』で24日、番組が終了することから最後の出演となった。パーソナリティとして柴田とおよそ2年間共演してきた上田まりえがブログで「水曜日のど真ん中にいたのがしばんちゃんです」とその存在感を表現したように、お笑いコンビ・アンタッチャブルの活動のみならずソロでもますますポテンシャルを発揮しているようだ。そんなアンタ柴田を「プロ意識の塊」とリスペクトする上田が「痺れた一言」を明かしている。

『なな→きゅう』で月曜~木曜のパーソナリティを務めてきた上田まりえは、各曜日で最後の放送を終えて自身のブログでパートナーや放送作家などスタッフたちとの思い出を綴っている。そんななか「しばんちゃん」と呼んで慕ったのが、水曜パートナーの柴田英嗣だ。上田はアンタッチャブルが『M-1グランプリ2004』で優勝した頃から柴田のことをテレビで見て「ちょっと怖いイメージを持っていた」という。しかし会ってみるとそんなことはなく「やわらかボイス」で心をほぐしてくれ、時には『M-1』王者を思わせる鋭いツッコミを見せた。上田は「ツッコミながら本当に楽しそうな顔で体を二つに折りながら笑う柴田さんの姿を見るのが大好き」だったそうだ。なかでも柴田がどうやったら番組がおもしろくなって、リスナーに楽しんでもらえるか追求する姿勢を「プロ意識の塊」とリスペクトしており、上田やスタッフにアイデアを出しながら「やっぱ水曜日を一番おもしろくしたいじゃん!?」と口にした一言には「痺れました」という。

自分のことだけでなく番組を考える柴田は、分からないところがあると芸人でのキャリアなど気にせずに「ねぇ、なんで!?」「それ、どういうことなの!?」と素直に知ろうとするところがあり、「知ったかぶりをしないで、等身大」な姿に上田も学ぶところが多かったのだろう。「リスナー目線に立った質問の仕方に、いつも感動することばかりでした。男気溢れるカッコいい方です。本当に」と振り返っていた。

そんな柴田英嗣もこれまでには紆余曲折あった。女性トラブル(後に冤罪と判明)により2010年1月から1年間休業した柴田は2011年に芸能活動をソロで再開するも、今度は2016年に週刊誌で柴田の元妻とファンキー加藤の「W不倫」が報じられるミュージシャンのファンキー加藤が柴田の妻と浮気したことから、それが原因となり柴田が離婚していたというものだ。そんなスキャンダルが続くなかソロで頑張っていた柴田が2019年11月29日放送の『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ系)にゲスト出演したところ、MCの有田哲平(くりぃむしちゅー)が仕組んだサプライズで相方の“ザキヤマ”こと山崎弘也と漫才を披露することになり、アンタッチャブルが10年ぶりに復活した

それ以降はコンビでの活動が増え、柴田英嗣もアンタッチャブルで水を得た魚のように漫才を披露したりバラエティで活躍しているが、ソロでの露出も増えた。3月19日放送の『全力!脱力タイムズ』に再びゲスト出演した柴田だが、コンビ復活の立役者である有田から「柴田さんと仲直りしたいという方が来られている」と振られて慌てた。流れからファンキー加藤がサプライズ登場するのではないかと思い込んだ柴田は、じらす有田の進行に耐え切れず大の字になって身悶えして見せたのである。仕掛けた有田も想定以上のリアクションで盛り上げてくれた柴田のポテンシャルに素で大ウケしていたものだ。

『なな→きゅう』で柴田英嗣とのラスト放送を終えた上田まりえは、3月29日から朝の新番組『ラヴィット!』(TBS系)で柴田が水曜レギュラーを務めることから、ブログで「家事をしながら、柴田さんと一緒に新しい朝を過ごしたいと思います」と楽しみにしていた。ちなみにアンタッチャブルとサンドウィッチマンがMCを務めるバラエティ番組『お笑い実力刃』(テレビ朝日系)も4月からスタートする。柴田英嗣が相方の“ザキヤマ”やサンドウィッチマンの伊達みきお・富澤たけしと共にどのようにポテンシャルを発揮してくれるか期待したい。

画像2~4枚目は『上田まりえ 2021年3月24日付Instagram「#ななきゅう 水曜パートナー 柴田英嗣さん 卒業」』『アンタッチャブル柴田 2021年2月16日付Instagram「実力刃」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ