「桃鉄」好きな女子あるある10選!「敵のボンビー進化に喜ぶも巻き添えを食らう」「貧乏神やスリの銀次のせいで地獄を見る」

子どものころから兄弟や友達と一緒に遊び、ケンカの火種になっていたすごろくゲーム『桃太郎電鉄』(以下『桃鉄』)……。

令和になってシリーズ最新版が発売され、あっという間に売り切れが続出する中、相変わらず友情破壊の温床になっているようです。

そんな桃鉄で遊ぶ女子のあるあるをご紹介します! 

 

桃鉄が好きな女子あるある10

みんなと一緒に遊ぶのが楽しい!でもひとりで遊んでも楽しい!悲喜こもごもの『桃鉄』あるあるを御覧ください。

 

1.いつの間にか地理や特産物に詳しくなる

小中学生のころ、『桃鉄』のおかげで、やたら都道府県の名前を書くテストや特産物を書くテストだけは良い点数が取れました。

 

2.宝くじで一発逆転を狙うため「宝」のマスに止まりまくる

『桃鉄』は、一番お金を多く持っている人が勝ちます。なので、「これはもう宝くじで一旗揚げるしかねぇ!」と、一等を当てるため延々と宝くじマスに止まろうとしたこと……ありますよね?

序盤でやると「なにやってるんだ……」とあきれられるかもしれませんが、まともにプレイしても勝ち筋が見えなくなった終盤ではアリだと思います。

 

3.敵の貧乏神ボンビーが進化して喜んだけど巻き添えを食らった

誰かが駅に到着したときに、もっとも遠い位置の人についてくる貧乏神のボンビー。勝手に物件を売ったり、お金を無駄遣いしたりとやりたい放題ですが、さらにハリケーンボンビーやキングボンビーなどに進化して、被害を拡大させることも……!

ライバルがそうなったら、「よっしゃ!これでアイツは不幸のどん底に……」となるけれど、パワーアップした貧乏神は本人だけでなく周りも巻き込みます。あれ?ポコン?デストロイ?これって自分までやばくね…? 

近くにいるプレイヤーの物件を吹き飛ばすポコンや、通った路線付近の物件を破壊しまくるデストロイ号に進化した日には、巻き添えを食らって自分まで不幸のどん底に落とされるのでした……。

 

4.貧乏神やスリの銀次のせいで無一文になり地獄を見る

ひとたび貧乏神がつくと、悪行によりカードを割られたりマイナスを負わされたり悲惨なことだらけ。とくに序盤でお金が少ない状態だと、すぐに所持金がマイナスになって物件を手放すハメになることも……。

じゃあ、お金をたっぷり持っていたら貧乏神なんて怖くないね!なんて高をくくっていると、スリの銀次が表れて全額スられる→ボンビーのコンボで、ウン十億あったのにあっというまに赤字に……。

  

5.あえてVS「さくま」で遊ぶ

『桃鉄』はコンピューターと一緒に遊べます。そこでコンピューターを全員、最強と言われる「さくま」にしてAIとのガチンコ勝負!

……べ、別にぼっちだからVSさくまをしているわけではありません!!

 

6.目指せ!ソロプレイで物件コンプリート

桃鉄の醍醐味の一つに「物件コンプリート」があります。しかし物件は何千億、何兆するものも結構あるので、とても一人ではできそうもない…だからこそ面白い1人プレイでの物件買いあさり!

強者はコントローラーを4つ用意して1人で全部操作して集金に走り回ります。まさに孤高のソロプレイ!決してぼっちだから1人でやるしかないわけでは(2回目)

 

7.物件を独占できる都市を狙って火花を散らす

物件はただ買うだけでも収益は上がりますが、都市の物件をすべて買えれば「独占」となって収益が2倍になります。特定の都市では独占するとお助けキャラ「偉人」も登場するので、多少寄り道してでも独占できる都市を狙うため、プレイヤー同士バチバチに火花を散らしたり……

一方、自分は独占しつつ相手の独占を崩すために攻撃カードをゲットしようとナイスカード駅の止まりまくったり、貧乏神をなすりつけて勝手にボンビーに物件を売らせようとする、そんな画策までが「独占狙い」のセットです。

 

8.絶好調や進行系カードを使ってもサイコロの目が全部「1」

『桃鉄』では「絶好調」状態になるとサイコロが3個になったり、新幹線カードや特急カードなどの進行系カードを使うとサイコロの数を増やしたりできます。

貧乏神がついてるプレイヤーがあと1マスのところに!でも大丈夫!このサイコロが4つになる新幹線カードを使えば手の届かないところにって出目が全部「1」じゃねーか! 

まれによくある現象です。全部1はとてもめずらしいですが、1や2がやたら多い現象はけっこう起きます。

 

9.思いきってぶっとびカードを使ったらすぐ近くに到着して涙目

どこへ飛ぶか分からないハラハラドキドキぶっとびカード。目的地と正反対にいくかもしれないけど、ワンチャン賭けていざ、ぶっ飛び!→目と鼻の先に飛んだ。ぶっ飛びとはいったい……まだ正反対に飛ばされたほうが、笑って済ませられる。

 

10.友達とプレイ中は「話せばわかる!」が口癖になる

友情破壊を防ぐため、最初は「妨害カードがやめとこうね!」「攻撃しないようにしようね!」「ボンビーはコンピューターにつけよう!」と同盟を結びます。

が、白熱してくると「あいつキングボンビーになった!冬眠カード(数ターン冬眠して動けない)発動!」「借金が数千億円に…許せない…たいらのまさカード(全員の合計所持金を均等にする。合計がマイナスだと全員マイナス)で道連れにしてやる…!」なんてなりふり構わないプレイになりがち。 

「待て!話せばわかる!落ち着こう!」……なんて、何回言ったか分からないセリフですね。 

 

友情を取るか勝ちを取るか……!

『桃鉄』は、友達や家族とプレイするときは気をつけないと相手との信頼関係がボロボロになる恐ろしいゲーム。

ゲームでは勝ちたい、でも友情にヒビが入るのも……と葛藤しながら今日も桃鉄を1人で遊ぶのでした。決してぼっちではありません。(3回目)

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ