Ado、メジャーデビュー曲「うっせぇわ」MV再生数&ストリーミング累計再生数が1億回突破 LINEスタンプも発売

SPICE


デビュー曲「うっせぇわ」が国内外の各配信サイトやカラオケチャートなどを席巻している18歳女性シンガーAdo(※先日、高校を卒業)。彼女のメジャーデビュー曲「うっせぇわ」が、公開から148日でYouTubeでの再生回数1億回を突破した。さらに2021年3月29日付(集計期間:2021年3月15日~21日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、累計再生回数1億回を突破し、ダブルで1億回を5ヶ月という脅威のスピードで達成した。

本曲は、2020年10月23日にユニバーサルミュージックから配信リリース。Billboard JAPANストリーミング・ソング・チャートでは、2021年2月22日付チャート(集計期間:2021年2月8日~2月14日)で自身最高位2位を獲得。その後も3週連続で2位をキープし、ロングヒットを記録中。チャートイン17週目となる当週、1億回再生を突破した。ソロアーティストとしては歴代最年少の記録で、米津玄師「感電」と並ぶ歴代6位のスピード突破となった。

「うっせぇわ」のダブル1億突破を記念し、昨日3月24日(水)に自身のYouTubeチャンネルから急遽「アドのドキドキラジオ」と称した生配信を実施。生放送内でAdoは「1億回ってなんですか......体験するとは思いもしなかったし、昔の自分にそれ伝えたら大丈夫かな?倒れたりしそう……全然実感が湧かなかったのに、平常心の極みというか、平常心です。皆さまのお陰です。本当にありがとうございます。」と喜びのコメントとともに17,000人もの同時視聴者に感謝を伝えた。なお、放送内では「うっせぇわ」のLINEスタンプの販売もサプライズで発表され、その場でスタンプの配信がスタート。

「うっせぇわ」は歌い手のそらるやまふまふ、そしてガチャピンやムック、四千頭身や菊池桃子に桜井日奈子といった数多くの有名人による”歌ってみた”カバー、さらに粗品(霜降り明星)やサンシャイン池崎、チョコレートプラネットなどの芸人による替え歌などのパロディ動画、また3時のヒロインやEXILE NAOTO、そして「バブリーダンス」の振付でお馴染みのakaneプロデュースによる“踊ってみた”動画も続々とアップされるなど「うっせぇわ現象」が全国で巻き起こっている。

「うっせぇわ」MV

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ