高橋一生の“色っぽい桂小五郎”、佐藤健が絶賛「僕にはとてもできないお芝居」

dwango.jp news


俳優の高橋一生が24日、都内で行われた映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』グローバルファンセッションに佐藤健武井咲新田真剣佑有村架純土屋太鳳青木崇高江口洋介大友啓史監督と共に登壇し、自身が演じた桂小五郎という役へのアプローチ方法を語った。

『るろうに剣心 最終章 The Beginning』で、佐藤演じる緋村剣心を見出し、人斬りに育てる長州藩の実力者・桂小五郎役で出演している高橋。メガホンを取った大友監督とは映画『3月のライオン』、佐藤とは『億男』などでも作品を共にしているが、高橋は「また声を掛けていただけたことが嬉しかった」と笑顔を見せると「大友監督の現場はとても心地よく、お芝居ができる空間を楽しんでいました」と撮影を振り返る。



佐藤は「出演シーンが限られたなか、映った瞬間にキャラクターに説得力を出すことはとても難しい。僕にはとてもできないお芝居を一生さんが見せてくれました。とても色っぽい小五郎でした」と高橋の芝居を絶賛すると、高橋は「(剣心に対して)愛情と非情さを常に持っているような役柄。常にそのバランスを取りながらお芝居をさせていただきました」と役作りについて語る。

剣心が人斬り抜刀斎から流浪人になるきっかけとなった剣心の過去を描いた「追憶編」を映像化した『るろうに剣心 最終章 The Beginning』は、『るろうに剣心』シリーズのラストを飾る完結編。シリーズがスタートするときから、佐藤が「剣心の心には常に巴がいた」と話すように、有村演じる雪代巴は、『るろうに剣心』シリーズを語るうえで、非常に重要なキャラクターだ。

有村は「このお話をいただいたときから、大友監督やプロデューサーさんから大切な役というのは伺っていました」と緊張気味に話すと「プレッシャーと言ってしまえばそうなのですが、その言葉があったからこそ、参加したいと思えたんです」と強い覚悟で作品に挑んだことを明かす。

そんな有村の思いに佐藤は「巴との出会いを経て、どうやって生きていけばいいんだろうとさまよって剣心の旅が始まったんです。これまでも大切なシーンの前は、常に巴との日々を想像して本番に臨みました。パート1から僕の体には巴が内包されていた」と熱い思いを吐露する。

有村は「本当にこの役の存在の大きさは私も重々承知して、巴という役を受けさせていただきました。皆さんが何年もの思いで作り上げてきた世界を決して壊してはいけないと思い、現場では無我夢中でした」と述懐すると、「大友監督がテイクを重ねるたびに、役が自分に近づいてくる感じがして心地よかった。そういった瞬間の積み重ねで、巴になれたと思います」と語った。

シリーズスタート時点から「追憶編」を形として残したいと話していた佐藤。「原作のなかでは、回想シーンという扱いだった部分を、こうして一つの映画としてやらせてもらえたのはすごく嬉しかった」と感無量な表情を浮かべると「10年間一緒に戦った仲間、そして今回新たに参加してくれた仲間たちと闘って作った作品です。でもいまこうしてここにいるのは、間違いなく作品を愛してくれたファンの方々がいたからです。その思いを込めてこの映画を作りました」と熱い思いを語った。

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ