加藤ミリヤ、新曲『宿命』の配信がスタート 6月には生誕ライブ『MILIYAH BIRTHDAY BASH LIVE 2021』を実施

SPICE


今年、東京オリンピックで初の正式種目となり注目を集める日本発祥のスポーツである空手。その代表選手が所属する公益財団法人全日本空手道連盟とのコラボレーションで、加藤ミリヤが書き下ろした“全日本空手道連盟公式応援ソング”「宿命」が3月24日に配信リリースされた。

2012年の約9年前に代表曲「HEART BEAT」がコカ・コーラの展開する「ロンドンオリンピック」キャンペーンソングとして注目を集めた加藤ミリヤ。久々のアスリートとのコラボレーションとなる今作はヴァイオリニストとして香取慎吾「Anonymous (feat.WONK)」などのアーティストのレコーディングに参加しているほか、King Gnuやmillennium parade『2992』のオーケストラアレンジや数々のアーティストの楽曲プロデュースを務め注目を集めている常田俊太郎がサウンドプロデュースに参加しており、オーケストラの勇壮なサウンドが空手日本代表選手の背中を押すような力強い強い楽曲となっている。

さらに、元祖サンプリングの女王としてこの曲には空手選手の競技音もサンプリングされており、TOKYO2020日本代表候補選手でありメダリスト候補である「形」の男子代表・喜友名諒選手、同じく「形」の女子代表・清水希容選手、そして女子組手61kg超級の日本代表・植草歩選手の競技音がサンプリングされている。こちらのプロモーションビデオは3月25日(木)正午より公開予定。

また、加藤ミリヤの誕生日にオンライン&オフラインで同時開催されるライブ「MILIYAH BIRTHDAY BASH LIVE 2021」が6月19日(土)20日(日)に東京ドームシティホールにて決定した。

全日本空手道連盟公式応援動画 feat. 加藤ミリヤ『宿命』(3月25日正午より公開)

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ