ジャルジャル福徳がJO1豆原に「ジャルO1です!」 映画『半径1メートルの君』舞台挨拶


人気俳優と吉本タレント、クリエイター8組24人によるオムニバス映画『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』の大ヒット御礼舞台挨拶が3月15日(月)、東京・TOHOシネマズ日比谷で行われました。壇上にはJO1の豆原一成、女優の白石聖、ジャルジャル(後藤淳平・福徳秀介)、山内大典監督が集まり、撮影のエピソードや、作品の魅力について語りました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

本作は、「コロナ禍のこんな時だからこそエンタメの力で人々の心を元気にしたい」という思いから急遽制作され、2月26日から公開。人と人とが距離を取らなければならない時代だからこそ響く“心の濃厚接触”が描かれた、8本の短編からなるオムニバス映画です。

JO1メンバーもうらやんだ舞台挨拶


短編の1本、『本日は、お日柄もよく』で男子学生・浅田弘樹を演じた豆原は、この作品で初めて演技に挑戦し、舞台挨拶も人生初。初々しく緊張した様子で、「ファンの方に会うのはファンミーティング以来1年ぶりくらいなので、メンバーがいなくて恥ずかしいです」と緊張気味。

そして、共演したナインティナイン・岡村隆史とのエピソードを笑顔でこう振り返ります。

「僕は人見知りなのでガッツリと会話することはできませんでしたが、岡村さんからJO1の活動について聞いていただいたときに、『毎日楽しいです!』と答えたら笑ってくれました。それがうれしかったです」

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

豆原は撮影前、JO1のリーダー・與那城奨と台本の読み合わせをしたそうです。「リーダーの部屋で練習をして、奨君が岡村さんのセリフを演じてくれました。結構ガチで、奨君がゴリゴリの関西弁でやってくれたので良かったです」と裏話を披露しました。

ちなみに豆原によれば、JO1のメンバーには“ジャルジャル好き”が多いとのこと。豆原が、「『ジャルジャルさんと今日会うよ』とメンバーに伝えたら、うらやましがられました。みんなも会いたいと言っていました」とジャルジャルの2人に報告。

すかさず後藤が「よろしくお願いいたします!」と反応し、福徳も「どうも! ジャルO1です」と上機嫌。会場に笑いが起こりました。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

ジャルジャル後藤「恋に顔のサイズは関係ない」


そんな後藤が、“服屋を営む本田さん”として出演するのが『まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい』。

後藤は劇中でかぶっているキャップのツバが小さいことに触れ、「ツバが小さい分、顔がデカく見えるなと思ったけど、この作品には“恋に落ちることに顔のサイズは関係ない”というメッセージが込められています」と自虐的にコメントします。

これに対し、この作品の脚本を務めた福徳は、「相手役が白石さんと聞いたときに、『顔が小さすぎるぞ』と思いました」と言います。さらに「もっと顔のデカい女優さんがいいと思ったけど、いざ完成したものを見たら2人の関係性に違和感はなかった」と作品の出来栄えは申し分ない模様。

一方、カフェの店主・しおりを演じる相手役の白石は、「後藤さんはオシャレな古着のようなスタイルだったので、ツバの小さい帽子に関して違和感はありませんでした。みなさんがそういう風に感じていたのがビックリです」とまったく気にしていないようでした。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

『まわりくどい~』は諸事情があって、「5時間」という短い時間で撮影が行われたといいます。それについて白石は、「短い撮時(撮影時間)とは思えないくらい、後藤さんの素晴らしいアシストと、優しい空気感があらわれている」と、むしろ作品のクオリティの高さをアピール。

福徳も「おふたりの感じがとてもリアル。脚本を超えるくらい最高で、同じシーンを5回くらい見ました」と太鼓判を押すと、後藤も「脚本家がこんなに喜んでくれているということは、それだけのものが撮れたという証拠」と大喜びでした。

出典: ラフ&ピース ニュースマガジン

作品には、この日の登壇者のほかに岡村隆史(ナインティナイン)、亜生(ミキ)、粗品(霜降り明星)、秋山竜次(ロバート)、品川ヒロシ、海宝直人、倉科カナ、徳井義実(チュートリアル)、小池徹平、じろう(シソンヌ)、般若、松井玲奈、山崎静代(南海キャンディーズ)、水川あさみら豪華キャストが名を連ねています。

当記事はラフ&ピースニュースマガジンの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ