『妖怪大戦争 ガーディアンズ』妖怪大集合の特報&ビジュアル解禁 “人間キャスト”に北村一輝、松嶋菜々子ら

クランクイン!

 子役の寺田心が主演する映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』より、特報とティザービジュアルが解禁。併せて、追加キャストとして、北村一輝、松嶋菜々子らが出演することが発表された。

2005年に平成版が興行収入20億円の大ヒットを記録した映画『妖怪大戦争』が、令和の新たな時代と共にスケールアップ。誰もが知る有名妖怪をはじめ、映画オリジナルの妖怪、さらに世界中のモンスターも加わり、妖怪ワールドが拡大していく。名子役の寺田が、数奇な運命に導かれ世界の存亡をかけた戦いに挑む主人公・渡辺ケイを演じる。監督は2005年版に引き続き三池崇史が担当。製作総指揮に角川歴彦と荒俣宏が名を連ねる。

特報は、妖怪獣を打ち倒す勇者として選ばれたケイが、妖怪たちの総大将・ぬらりひょん(大森南朋)から「この国を救うのはおぬしなのじゃ!」と言われ「む、無理無理!」と答えてしまう場面からスタート。続いて、そんなケイを取り巻く、個性豊かな妖怪の面々が登場。ケイと共に冒険の旅へ繰り出すのは、杉咲花演じる謎多き剣士・狐面(きつねめん)の女。頼りないケイに厳しく接しつつも、「必要なのは真(まこと)の勇気だ」とその背中を押し、華麗な剣裁きも披露する。

そのほか、運命に翻弄される少年たちを優しく見守る姑獲鳥(うぶめ/安藤サクラ)、和歌山弁を操るひょうきんで酒好きな猩猩(しょうじょう/大倉孝二)、真面目だがどこか抜けている天狗(三浦貴大)、恋する乙女の雪女(大島優子)、あまのじゃくな言葉を話すがゆえに、ピンチの時も「絶体絶命のチャンス!」と叫んでしまう天邪鬼(あまのじゃく/赤楚衛二)、ケイを狙う鬼一族の長・茨木童子(いばらきどうじ/SUMIRE)らが続々登場。さらに、大沢たかお演じる人間嫌いの狸の総帥・隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)が、狸の大軍を率いてバイクを走らせる豪快な姿も。豪華キャスト陣がどんな妖怪ワールドを見せてくれるのか、期待が高まる特報となっている。

ティザービジュアルには、個性豊かな妖怪オールスターズが大集結。その一番手前には、勇ましく剣を構えるケイの姿が描かれており、かつて子ども時代に誰もが持っていた冒険心をくすぐるようなビジュアルが完成した。

さらに今回、人間として登場するキャスト陣が解禁。ケイの先祖にあたる伝説の妖怪ハンター・渡辺綱(わたなべのつな)役を北村一輝が演じ、劇中で迫力満点の殺陣を披露する。看護師として働きながら、ケイとその弟ダイを優しく見守る母親・渡辺礼香役は松嶋菜々子。突如現れた妖怪獣と最初に遭遇することとなる老人役には、柄本明。そして、ケイの弟・渡辺ダイ役は、舞台やドラマで活躍中の注目子役・猪股怜生が務め、幼く無邪気な少年ながら、やがてケイと共に“宿命の兄弟”として戦いに巻き込まれていく重要な役どころを熱演する。

本作への出演について、渡辺綱役の北村は「久しぶりの三池組への参加は故郷のような安心感がありました。やはり三池組は最高です!」。渡辺礼香役の松嶋は「今作では、主人公寺田心くんのお母さん役で人間でしたが、内心は妖怪になってみたかったです(笑)。三池監督の描かれる妖怪スペクタクル、ぜひご期待ください」とコメントを寄せている。

映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』は今夏全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ