抜群の演技力で注目される女優・白鳥玉季 「食敵」牛乳との戦いの結果は…

しらべぇ


味が、匂いが、見た目が…無理! 誰にでもひとつはある嫌いな食べ物、すなわち「食敵」。

そんな食敵と少しでも仲良くなってもらうため、料理のお兄さん・リュウジ提案の克服メニューにゲストが挑戦する新感覚の料理番組『ボクを食べないキミへ~人生の食敵~』(NHK・Eテレ)が、24日午前10時05分から放送される。

画像をもっと見る

■「クリーミーな感じ」が苦手




今回、「食敵」の牛乳と対峙するのは、女優・白鳥玉季。山田孝之主演の映画『ステップ』やTBS系ドラマ『テセウスの船』など数多くの作品に出演し、豊かな演技力が高評価を受ける注目の役者だ。

そんな実力派女優の彼女、牛乳だけはどうにも手強いようで…。チーズやバター、ヨーグルトなどの乳製品は食べられるけど、牛乳の「クリーミーな感じ」が苦手だというが、果たして牛乳と仲良くなれたのか。収録直後にインタビューを実施して、話を聞いた。

関連記事:本田紗来、「犬の肉球はポップコーンの匂い説」に興味津々 実際に嗅ぐと…

■収録までは「ちょっとだけ心配」




―――今日は嫌いな牛乳と戦わないといけないということで、収録に来るのが憂鬱ではなかったですか(笑)?

白鳥:ちょっとだけ心配でした…(笑)。


―――そうですよね(笑)。

白鳥:牛乳って、甘いものと甘くないものがあると思っていて。学校の牛乳は一年生の頃、ビンだったときは甘くなくて好きじゃなかったのですが、紙パックになってからは甘く感じて、最近ちょっとだけ飲めるようになりました。市販で売ってる牛乳はまだ苦手です。


―――今日の調理に使った牛乳はどちらの牛乳でしたか?

白鳥:(料理に使って)そのまま飲んではいないのですが、最近匂いでわかるようになってきて、たぶん、甘くないほうでした(笑)。


■「食敵」との戦いの結果は…




―――甘くないほうでしたか…(笑)。でも、収録で作った牛乳の茶碗蒸しを食べて、「おいしい!」と感動されていましたよね。

白鳥:おいしかったです! 作り方も簡単で、ひとりでも作れそうなので、家でも作りたいと思いました。


―――それは番組大成功ですね! 普段料理をすると話されていましたが、最近はどんなものを作りましたか?

白鳥:最近、玉子焼きを作れるようになりました。サンドイッチ、お弁当、おやつも作ります。

■「キミ」呼びが印象的




―――「食敵」の牛乳の声は、スピードワゴンの小沢(一敬)さんが演じられました。今日が初対面ということでしたが、テレビで見る小沢さんはどんな印象でしたか?

白鳥:明るくて面白い方というイメージでした。


―――収録の合間も、白鳥さんやオンラインで参加した子供たちに優しく声をかけてくれていましたよね。

白鳥:はい。すごく優しい方なんだなと思いました。あとは、オンラインで参加してくれた男の子に「キミ」って呼び方をされていたのが印象的でした(笑)。


■ネットで検索はする?




―――私どもの媒体名「しらべぇ」にちなんで、インタビューをさせていただいた皆さんに最近ネットで調べたことを聞かせていただいているのですが、白鳥さんは検索をされますか?

白鳥:気になったことを検索することはあまりないですけど、授業で習ったことを調べたりはします。


―――授業で習って、最近調べたのはどんなことですか?

白鳥:総合で、日本は洋食化が進んでいると習ったので、そのことを調べました。確かに、家の食事を振り返ってみても、洋食が多いなと思いました。

■好きなおかずは「肉じゃがコロッケ」




―――白鳥さんのお家は洋食が食卓に並ぶことが多いんですね。その中でも、特にテンション上がるおかずは何ですか?

白鳥:肉じゃがコロッケです! おいしいんですよ~!


―――とてもおいしそうです! では最後に、『ボクを食べないキミへ~人生の食敵~』の見どころを教えてください。

白鳥:嫌いな食べ物がある人は多いと思います。もし、その嫌いな食材がこの番組の中に出てきたら、紹介された料理をぜひ試してもらって、「食敵」を好きになってもらえたら嬉しいです。

・合わせて読みたい→堀北真希の妹・NANAMI、幼少期のトラウマで食べられなくなった物とは…?

(取材・文/しらべぇ編集部・野瀬 研人

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ