AKB48 2か月遅れの成人式、個性あふれる17名は「雑草魂世代」

dwango.jp news


例年、成人の日に国内AKBグループの新成人が神田明神に会し、合同で成人式を執り行ってきたが、今年は新型コロナウィルスの影響で各地方からの移動を自粛し、それぞれのグループで成人式を開催。AKB48は約2か月遅れで21日、17名の成人式を神田明神で執り行った。



成人の儀を終え、浅井七海倉野尾成美坂口渚沙福岡聖菜横山結衣の5名に、成人を迎えた感想や意気込みを聞いてみると、坂口は「頼りないと思われがちなので、「坂口渚沙まら、なんでも任せられる!」と思われるような大人になりたいです!」と答え、横山は「年齢に捉われず、何事にも物怖じせずチャレンジしていきたいです。また一つ一つ小さなことにも感謝できる人になりたいと思います」とコメント。浅井は「成人式をこうし無事迎えることは自分1人ではできなかったと思うので、家族やファンの皆様、AKB48メンバーやスタッフのみなさん、関わってくださっているすべてに感謝したいです」とあいさつした。

また、地元の成人式には参加せず、友達が会場から出てくるのを待っていたという倉野尾は「AKB48の成人式に参加することが夢の一つだったので、今日は嬉しさでいっぱいです」と語り、12歳からAKB48メンバーとして活動してきた福岡は「加入して8年経ちますが、毎年先輩方の晴れ姿を見てAKB48成人式に憧れていたので、本日こうして開催でき、晴れ姿を皆様にみていただけることが何よりも嬉しいです」と、それぞれにAKB48成人式に自分が出ることができた喜びを語った。

AKB48成人式恒例の「今年の新成人を表現するなら何世代?」の問いには、倉野尾が「雑草魂世代です!」と回答。「個性が強く、色々なメンバーがいる世代だと思います。エリートコースではないけれど、中学生からAKB48として活動している子も多く、根性があると思います。それぞれがいろいろな道で活動しているので、これからも「雑草魂」を忘れず、AKB48を新成人17名でさらに盛り上げていきたいです!」と意気込んだ。

成人式という人生で一度しかない経験できない今日の為に、一人一人が想いを込めて用意した振袖も、新成人メンバーに一層の華やかさを加えていた。倉野尾は黄色を基調にした鮮やかなデザインの振袖を選び、「他のメンバーとかぶらないように選んだので、ファンの方も意外だったのではないでしょうか?新しい私をみせられていればいいなと思います」と話した。また「トータルで見たときの印象を大事にした」という横山の振袖は、白地にピンクの牡丹の花が描かれており、レースをあしらうなど着こなし方も独自のセンスが光っていた。

■新成人

前田彩佳山根涼羽(チームA)

長友彩海武藤小麟(チームK)

福岡聖菜(チームB)

浅井七海・黒須遥香佐藤妃星(チーム4)

尾上美月・倉野尾成美・坂口渚沙、鈴木優香高岡薫永野芹佳橋本陽菜服部有菜・横山結衣(チーム8)

(計17名)

ⒸAKB48

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ