滝藤賢一“首藤”の倒錯した本性が明らかに!『Season1』ラストシーンは希望か絶望か…

テレビドガッチ

竹内涼真が出演を務める、日本テレビ×Huluの共同製作ドラマ『君と世界が終わる日に Season1』(日本テレビ系、毎週日曜22:30~)の最終話(第10話)が、3月21日に放送される。

通信手段なし、逃げ場なし、生存確率0%……生ける屍に占拠された世界の最期を生き抜くため、竹内演じる主人公・響らが奔走する極限のサバイバルラブストーリー。脚本は『アリスの棘』『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS系)、『真犯人』『絶叫』(WOWOW)、『Wの悲劇』(NHK)など、濃密な人間ドラマに定評のある池田奈津子。演出は『トドメの接吻』『美食探偵 明智五郎』(日本テレビ系)などを手掛けた気鋭の演出家・菅原伸太郎が務める。

前回第9話では、紹子(安藤玉恵)の命をつなぐため、駐屯地グループへ無線越しに取引を持ち掛ける響。そんな中、交渉に応じたのは響の撃った矢に貫かれたはずの来美(中条あやみ)だった。交渉の場に医師の来美も同席することを約束させた響は、最後に来美にだけ伝わるメッセージを残し、通信を終える。それは響が今も来美を愛していることを意味していた。取引場所で改めて再会する二人。万感の思いがこみ上げる響だが、来美は拳銃を手にし、響へと銃口を向ける……。

そして最終話、血まみれになりながら銃を構える来美、そして、掴み合う響と首藤(滝藤賢一)。首藤がひた隠しにし続けた本当の目的とは⁉ 時を超えた因縁を断ち切ることはできるのか? そして響に銃口をむける来美の本心は……⁉

<最終話(第10話)あらすじ>
響(竹内)に銃口を向け発砲した来美(中条)。さらに突然、その場にいた駐屯地の人々の間で次々とゴーレム化が起こる。そして、首藤(滝藤)の元へと逃げ帰る来美に響はショックを受ける。

その日、響たちが持ち帰った抗生剤のおかげで紹子(安藤)が持ち直す一方、桑田(浅香航大)は首藤が完成させたという「ワクチン」が何か恐ろしいものであることに気づき始めていた……。

そんな中、御前崎(宇野祥平)は紹子の元夫が残した手帳の内容に、気になる記述を見つける。そこには「緊急シェルター73.4」とあり……。ラジオのチャンネルを合わせてみると、「希望の家」と名乗る発信者が生存者たちに港に集まるよう呼びかけていた。呼びかけの時間は翌日。来美のことを諦めきれない響だが、皆に説得され、一緒にシェルターを目指すことに。

一方、駐屯地では来美が首藤から「響を自分の手で殺す」という約束を迫られていた。

翌朝、島から響の姿は消えていた。仲間たちに別れも告げず、一人で駐屯地の来美の元を目指す響。そんな響の行動に憤慨する仲間たちだが、その時、港から希望の鐘のような船の汽笛が聞こえて来る。それは「希望の家」と名乗る船の汽笛で……。

響はいよいよ駐屯地へ! 変わり果てた駐屯地を警戒しながら進む響。首藤に閉じ込められたジアン(玄理)から冷凍保存装置の中にあったある物の正体を聞く響。ついに首藤の倒錯した本性が明らかに。

そして、首藤が用意した最も残酷な復讐の舞台が、響の前で幕を開ける――。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ