渡辺直美さんにブタの衣装を着せる『オリンピッグ』が炎上 すると、ある番組が?

grape

※写真はイメージ
東京五輪・パラ五輪の開閉会式で、クリエイティブディレクターを務める佐々木宏氏。

タレントの渡辺直美さんにブタをモチーフとした衣装を着せ、『オリンピッグ』というキャラクターとして出演させるアイディアを演出メンバーにLINEで送り、問題となりました。

批判の声が噴出する中、あるテレビ番組のTwitterの投稿が注目を集めています。

ブタのキャラクターだけど、違うから…

2021年3月18日に、念のための投稿をしたのはバラエティ番組『ねほりんぱほりん』(NHK)。

顔出しNGのゲストを迎え、センシティブな話題も人形劇を通して、根掘り葉掘りしていく番組です。

聞き手はお笑いコンビ『南海キャンディーズ』の山里亮太さんと、タレントのYOUさん。話題を深堀りしていく2人は、モグラの人形として番組に登場しています。

一方、顔出しNGのゲストはブタの人形で登場するのですが…。

「タブーをひっくり返していきたい」との想いから製作されている同番組。

そのため、『タブー』という言葉をひっくり返して、ゲストを『ブタ』のキャラクターとして登場させているといいます。

侮辱の意味はないものの、ブタの話題が過熱しているため、思わぬ火の粉が飛んでくる可能性がありました。

勘違いをする人が出ると、お互いに無用に傷付く展開になることも。そんな事態を避けるためにも、早めに発信しておいたのでしょう。

投稿には、さまざまな反応が寄せられています。

・深いわ…。謎が解けて超スッキリした。

・長年のファンですが、知らなかった…なるほどです!

・勝手にネガティブに受け取られないよう、経緯や意味を発信するのは大切!

・最高にセンスがいい。これからも番組を応援していきます。

・ブタさんの人形、毎回クオリティが高くて、心を込めて作られていることが分かります。

同じモチーフを使っていても、込められた意味や背景には大きな違いがあります。

それを知ることの大切さを、改めて感じられる投稿でした。


[文・構成/grape編集部]

出典 @nhk_nehorin

当記事はgrapeの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ