松屋の新メニュー、味は最高だが値段に違和感 「10年前」と比較して確信に変わる

しらべぇ


牛丼チェーン「松屋」が人気の豚肉メニューを大幅にリニューアル。ゴージャス感が増した新メニューたちに歓喜の声が上がっているが、中には拭きれない疑問を覚える松屋ユーザーもいるようで…。

画像をもっと見る

■ひと口食べて分かるウマさ


2月末より新たに発売となったのは「厚切り豚焼肉定食」「厚切り豚生姜焼定食」「厚切りネギ塩豚焼肉丼」の3品。

しかしいずれも完全な新メニューというワケではなく、例えば「厚切り豚生姜焼定食」は「豚肩ロースの生姜焼定食」の後継…といった具合に、これら3品はリニューアルにより生まれ変わった存在ともいえる。



記者は「ネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼」を愛好していたため、後継メニューとなる「厚切りネギ塩豚焼肉丼」を発売初日に実食。



肉のボリューム感はリニューアル前から驚くほど向上しており、味の方もやはり絶品であった。

関連記事:松屋、牛丼屋の仮面を脱ぎ捨て「いま一番お得な焼肉屋」へと変貌遂げる

■と、ここで違和感が…


確かな満足感で店を後にした記者だが、何やら拭きれない違和感を覚えたのも事実。恐らく記者が最初に違和感に気づいたのは、「千円札を払って五百円玉のお釣りが返ってこなかった」瞬間である。

そう、丼一杯当たりの金額が明らかに跳ね上がっているのだ。リニューアル前の「ネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼」は並盛が500円(税込)なのに対し、リニューアル後となる「厚切りネギ塩豚焼肉丼」の並盛は580円(税込)と、100円近く増額している。

10円や20円の値上げならばあまり気にならないが、いわゆる「五百円玉貯金」をしている記者は、この部分がかなり気になってしまった。しかし重ねて明記しておくが、味やボリューム感は間違いなく「最高」である。

■過去のリニューアル前の価格を見て驚き


さらに思い返してみると、一つ前の「ネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼」も元を辿れば「ネギ塩豚カルビ丼」という名前のメニューのリニューアル版に当たるはずなのだ。

記者は元々こちらの「ネギ塩豚カルビ丼」が大好物であったため、気づいたら「ロース丼」に変わっていたのはなかなかにショックであった。

そこでこれらのメニューのリニューアル遍歴を辿ってみたところ、2011年9月に発売された「ネギ塩豚カルビ丼」はなんと並盛が350円(税込)であったことが判明。2012年に再販を果たした際は、並盛が380円(税込)とやや値上がりしている。

2015年にはネギの量が2倍となった「ネギたっぷりネギ塩豚カルビ丼」としてリニューアルを果たしており、こちらは並盛の価格が450円(税込)に。



そこから2019年の「ネギたっぷりネギ塩豚肩ロース丼」(並盛:500円)となり、今年発売の「厚切りネギ塩豚焼肉丼」(並盛:580円)と繋がっていくのが、松屋の「ネギ塩豚肉」メニューの系譜となるはずである。

肉の大きさや種類、ネギの量などが変わっているほか、「増税」なども背景にあると思うが、こうして見ると金額の変化に驚かされてしまう…。

■さらに「過去」の形態があった?


じつは今回「ネギ塩豚肉」メニューの歴史を探るに当たり、松屋フーズに詳しい話を聞いてみたのだが、なんと創業当初は「豚モモ肉」を使用していたことが判明。

「そこから豚肩ロース、豚バラ肉をいったり来たりしながら今回の厚切り豚肩ロースに至っております」とのことで、我々の予想以上に歴史の深いメニューであることも明らかになった。

果たして最新メニュー「厚切りネギ塩豚焼肉丼」の次は、どのような進化を遂げるのだろうか。

・合わせて読みたい→かつやの悪魔的新メニューが我々に「考えるな、感じろ」と教えてくる

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

当記事はしらべぇの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ