カニエ・ウェスト、推定資産が約7200億円に達したことが明らかに

Billboard JAPAN



カニエ・ウェストの推定資産額が66億ドル(約7200億円)に達したことが、米ブルームバーグの報道で明らかになった。

米ブルームバーグが入手した非公開資料によると、アディダスとGAPの2社でスニーカーおよびアパレル事業を展開しているブランドYEEZYを、スイスの投資銀行UBSグループは32億ドル(約3500億円)から47億ドル(約5100億円)の価値があると評価している。このうち9億7000万ドル(約1060億円)は、昨年6月に締結された10年契約の一環として、GAPが7月までに発売を予定しているカニエとの新しいアパレル・ラインYEEZY GAPに関連している。

この資料によると、業績不振のGAPは、カニエとのパートナーシップで若年層をターゲットとしている。同社は、YEEZY GAPの商品は初年度である2022年に1億5000万ドル(約164億円)の売上を達成し、8年以内、早ければ2023年に10億ドル(約1090億円)の売上を達成することを想定している。ブランドYEEZYの所有権とクリエイティブ面を監修するカニエは、この契約において売り上げに応じロイヤリティを得ることができ、その率はビジネスの成長に応じて上昇するため、いずれにしても、カニエは大きな利益を得ることになる。有価証券報告書によると、コレクションの売上が目標額を達成した場合、最高で7億ドル(約763億円)の新株予約権をカニエは受け取ることになる。

アディダスとの長年にわたる契約は、これまでのカニエのビジネスの中で最も収益性が高く、YEEZYのスニーカーは飛ぶように売れている。資料によると、昨年のアディダスの年間売上は31%増の約17億ドル(約1850億円)に達し、カニエには1億9100万ドル(約208億円)のロイヤリティが支払われた。彼はアディダスと2013年から取引をしており、現在の契約は2026年まで継続する予定だ。

カニエの弁護士が米ブルームバーグに提供した未監査の貸借対照表によると、1億2200万ドル(約133億円)の現金と株式、そして妻キム・カーダシアンの下着ブランド「スキムス」への投資を含む17億ドル(約1853億円)以上のその他の資産があることがわかった(カーダシアンは2月に離婚を申請している)。

また、Valentiam Groupによる2020年の評価によると、カニエの音楽カタログは1億1050万ドル(約120億5000万円)の価値がある。

今回明らかになった数字は、2016年に5300万ドル(約57億8000万円)の負債を抱えていると主張していたカニエにとって、急激な変化を意味している。当時、カニエは、Facebook創業者兼CEOのマーク・ザッカーバーグに10億ドル(約1090億円)の投資をTwitterを通じて懇願していた。これは、カニエが米フォーブス誌からビリオネアとして名前を挙げられる前で、同誌は2020年4月に彼の純資産を13億ドル(約1417億円)と見積もっている。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ