ゼイン、元ワン・ダイレクションのメンバーで一番の“お気に入り”を明かす「彼が作る音楽が最高」

Billboard JAPAN



2021年3月17日にゼイン・マリクが、SiriusXMの『Debatable』に出演し、元ワン・ダイレクションのメンバーで一番の“お気に入り”はナイル・ホーランであると明かした。

「彼が作る音楽が最高だ。そうだね、僕よりもいい音楽を作ってる。僕はナイルのファンだよ」と彼は述べている。

ゼインはまた、今年の【グラミー賞】授賞式の前に、主催者であるレコーディング・アカデミーに対して“くたばれ”などとツイートし、その後別のツイートで“透明性”と”インクルージョン(多様性の受け入れ)”を要求した件についてさらに詳しく説明している。

特定の音楽が認識されず、結果的に受賞もできていないと感じている【グラミー賞】の現状を批判した理由について彼は、「競争とか対立とは無関係だし、個人攻撃をするつもりもなかった。団体全体に対する大まかな意見だったんだ。政治的な理由、“握手”的な理由、プライベート・パフォーマンス的な理由などの事情から、音楽を作っても認識さえされないしきたりがあると感じているけれど、それは今は別に話さなくてもいい。ネットで言いたいことは全部言ったから。この段階で僕がノミネートされたとしても、(【グラミー賞】が)自分にとって無意味になってしまったから、もう授賞式にも行かないだろう。団体全体が何かを代表しているわけでもないし、業界内で最高の才能を紹介しているわけでもないと思っている。(主催者側は)コントロールしたいことをコントロールし、やりたいようにやっているだけだ」と思いを語っている。

当記事はBillboard JAPANの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ