渡辺直美、五輪“仮装プラン”巡る容姿侮辱で波紋「海外進出への影響」や「SNSの秘密警察化」を懸念する声も

お笑いタレント・渡辺直美が昨年の段階で東京五輪・パラリンピックの式典に出演予定だったことから、開閉会式の演出を統括するクリエーティブディレクターの佐々木宏氏(66)が「オリンピッグ」とダジャレにして渡辺の容姿を侮辱するようなプランを関係者に提案していたことを3月17日に『文春オンライン』が報じた。当事者の佐々木氏は18日に辞任の意向を伝え、謝罪文を公表。渡辺直美も所属する吉本興業ホールディングスのHPにコメントを寄せたが、ネット上ではタレントや有識者から様々な声が発せられて波紋を広げている。

吉本興業所属のお笑いタレント・ぜんじろうがTwitterで「五輪エンブレムのパクリ問題」、「森元会長の差別発言に川淵氏会長辞退」と振り返るように、このたびの容姿侮辱騒動はまたしてもという感がある。ぜんじろうは渡辺直美が2012年9月に子供番組『ピラメキーノ』(テレビ東京系)でニッチェ・江上敬子とかわいらしいブタの鼻をつけて「ピッグ☆レディ」を結成したことを持ち出して、佐々木宏氏がそんなイメージで「オリンピッグ」を思い付いたのではないかと憶測し「今の国際基準からするとコメディとして、これはアウトだと思います」と指摘した。

佐々木氏の“仮装プラン”についてお笑いジャーナリストで時事YouTuberのたかまつななは「渡辺直美さんの良さを全く分かっていない」とツイートしており、「こんなセンスがない人が演出プラン考えているのか」とがっかりしていた。たかまつが「見た目を卑下する笑いじゃなくて、かっこよくて若い人に支持されてる」、「ありのままの自分を愛して、オシャレして、自分に自信をもつって素敵じゃんー!」とその魅力を代弁するように、渡辺直美自身も18日に吉本興業ホールディングスのHPで「オリンピックの件ですが…私自身はこの体型で幸せです。なので今まで通り、太っている事だけにこだわらず『渡辺直美』として表現していきたい」とコメントしている。

コメンテーターとしても活躍するタレントの麻木久仁子は、17日にTwitterで渡辺直美“仮装プラン”について「眩暈がした。撤回になってよかった」とホッとしつつ「本当にやっていたら日本のイメージは致命的に悪くなっただろう…てか、案に出るだけで…」と憤りを露わにしていた。他にもTwitter上では「何より謎なのは、クリエーティブディレクター氏が『オリンピッグ』をおもしろいと思ったこと。どこをどうおもしろいと思えというのか?」、「ロンドンオリンピックではエリザベス女王とジェームズ・ボンドがスカイダイビングしたのに日本はコレなの?と思うと泣けてくる」といった声が飛びかっている。

渡辺直美は昨年7月にゆりやんレトリィバァと組んでレディー・ガガがアリアナ・グランデとコラボした『Rain On Me』のミュージックビデオをパロディーにしたところ、それを見たレディー・ガガからTwitterで「Love this!!!」とリアクションがあり、本家に公認されたと話題になったものだ。それほどのパフォーマンスができる渡辺直美を「オリンピッグ」のダジャレで仮装させようという発想に違和感を覚えた人は多いのではないか。

一方では「渡辺直美の立場からするとこの騒ぎは色々不利益じゃないのか?」とアメリカ進出を見据えた渡辺にとって、余計な情報が加わることで海外での活動に影響を及ぼすことを懸念する声もある。また昨年3月に佐々木氏がLINEで提案したものが今になって報じられ、このような騒動になったことから「SNS利用者が秘密警察になると、ネットで率直な話ができなくなる」とSNSの怖さに警鐘を鳴らす声もあった。

ちなみに佐々木宏氏は18日に公表した謝罪文のなかで、渡辺直美を仮装させるアイデアをLINE上で書いてメンバー全員に意見を求めたところ「すぐにMIKIKOさんから『ピンとこない』と指摘を受けた」と明かしている。MIKIKOさんは、PerfumeをはじめBABYMETALの一連の楽曲や“恋ダンス”がブームを巻き起こした星野源の『恋』など人気アーティストの振付を手掛ける演出振付家だ。『文春オンライン』でそのMIKIKOさんがオリンピック開閉会式演出チームを辞任したと報じて注目を集めており、この件も波紋を広げそうだ。

画像2、3枚目は『渡辺直美 2020年7月27日付Instagram「Rain On Me パロディMV見てくださった皆様ありがとうございます」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ