「即興芝居×謎解き」の新感覚ドラマ!『マーダー★ミステリー~探偵・斑目瑞男の事件簿~』出演者座談会【女性編】

ウレぴあ総研

渡された設定を読み込み、自分に与えられたキャラクターを即興芝居で演じながら殺人犯を探す(犯人役はバレないように逃げ切る)、話題の密室体感型推理ゲームをベースにした新感覚ドラマ『マーダー★ミステリー~探偵・斑目瑞男の事件簿~』。

この番組はエントリー数251人の中から動画審査、本番さながらの第二次審査を勝ち抜いたファイナリストの7人が、自らの演技のスキルを発揮しながら謎を解き明かすミステリーであるのと同時に、7人の中から次世代スターを発掘するオーディションの要素も兼ね備えた、欲張りまくりのコンテンツ。

そこで今回は、演じ終えた7人の中から女性キャスト3人の座談会を緊急実施! 何が起こるか分からない、先の読めないミステリードラマの撮影を振り返ってもらった。

■あらすじ

まずは今回のドラマ「腐草館の殺人」のあらすじを紹介しよう。

山奥にひっそりと佇む「腐草館」と呼ばれる洋館。そこには小説家の蛍原晃と妻の美鈴が暮していて、執事の熊田と家政婦の馬場が住み込みで働いていた。

その日、そこで行われていたのは、晃のミステリー小説の完成祝いの集い。夫婦と縁のある女性編集者の魚住と占い師の白鳥、記者の竜崎、イラストレーターの猪俣が招待されたが、会食後、それぞれが思い思いの時間を過ごしていると、リビングから突如悲鳴が! 駆けつけると、そこにはなんと編集者・魚住の遺体があった。

これは事故なのか? 自殺なのか? それとも殺人なのか? 人里離れた山奥で、しかも酷い雨なので、犯罪者が外から入ってきたとは考えにくいし、警察や救急隊が辿り着くにも時間がかかる。そこで、館にいた全員で真相究明に乗り出すことになるが……。集まってくれたのは、小説家の妻・蛍原美鈴を演じたちなつさん、家政婦の馬場に扮した浅川琴音さん、美鈴の理解者でもある占い師・白鳥役のはなむらちこさん。

ハイレベルなミッションをクリアした彼女たちから、果たしてどんな話が飛び出すか? この赤裸々トークを読んでから観ると、ドラマがさらに面白くなる!!

■全員で楽しいものを作ろうという空気の中で演じた

――ファイナリストの7人に選ばれたときはどんな気持ちでした?

浅川 私は7人ずつ10回に分けて「マーダーミステリー」をやる、第二次選考を初日に受けて。私の後には事務所の先輩も受けることになっていたから厳しいかな~と思っていたんですけど、発表の当日にマネージャーさんから受かった人の名前が書かれたツイッターのリンクだけが送られてきたんですよね(笑)。そんなイジメのような連絡だったんですけど、すごく嬉しかったのを覚えています。

ちなつ 私は今回のオーディションがきっかけで「マーダーミステリー」を始めたんですけど、あんなにたくさんの人が見ている前でお芝居をしたのも初めてだったから、すごく緊張したし、終わった後も不安でいっぱいだったんです。

それだけに、決まったときはウワ~って興奮して、演技レッスンの先生に「受かりました~!」って速攻で連絡しました(笑)。

はなむら オーディションのときはほかのみんなの演技のレベルが高過ぎたから、私は全然ついていけなくて。でも、「マーダーミステリー」自体はすごく楽しかったんです。これまではオーディションを受けても、悔しい顔をして帰ることが多かったんですね。

でも、今回は母も帰宅した私の顔を見て“あっ、楽しかったんやな~”“もしかしたら、今回は受かったんじゃないかな~”と思ったみたいで。ただ、ほかの人たちにオイシイところを全部持っていかれた~と思っていたから、実際に受かったときはちょっとビックリしました(笑)。

――本選に臨む前にはどんな準備をしました? それぞれの役の目的とミッションがあったわけですけど、どんなプランを立てて臨みましたか?

浅川 私は相当考えていきました(笑)。まず、みんなが言ってくるであろう言葉をどう返すか? みたいなことをシミュレートしたんです。かなりしんどい作業だったけど、それをやったおかげで、状況や自分以外の人たちの背景をすべて覚えられたのはよかったんですね。

はなむら 私はとりあえず、デリカシーも無視して、とにかく行け~! という感じで挑みましたね。

ちなつ 私は台本を穴が空くまで何度も何度も何度も何度も読んで、分析しまくって(と言って、ぎっしり書き込みをした台本を見せながら)、自分がいまできることをすべて出し尽くそうという気持ちで準備しました。

スタジオを借りて、演技レッスンの仲間や先生に、本選のほかの人たちの役を勝手に想定して演じてもらいながら、実際に当日の流れで「マーダーミステリー」をやってみたりもしましたね。

――撮影に入る前に、本選を戦う7人で顔合わせする機会があったみたいですけど、そこで調整できることもありました?

浅川 現場で仕掛けてくる人はたぶんこの人とこの人だな?っていうのを見定めましたね。その段階では誰がどういうキャラクターなのか分からないんですけど、何となく誰がクセ者か分かるじゃないですか(笑)。それを知ることができたのはよかったです。

ちなつ 私は5年間、モデルの仕事をずっとやってきたので、俳優さんってどんな人なんだろう?ってすごく不安だったんです。でも、みなさん、「おはようございま~す」と言って部屋に入ってきたときから明るくて。

控室にいるときもカメラが回っているんじゃないかな?っていうぐらい面白かったし、楽しいものを作ろう、みんながワクワクするようなものを作ろうという気持ちが伝わってきたので、自然に緊張が解けました。

はなむら 私もちなつさんと一緒で、みなさんが盛り上げてくださったので、明るい雰囲気の中で本番に臨むことができました。

■誰かをかばっているの!?謎が謎を呼び状況が混沌

――本選は神戸の洋館で撮影されたそうですね。

浅川 あれは本当に贅沢でした。「マーダーミステリー」をあんなにちゃんとした場所でやることはそうそうないし、カメラマンさんが私たちの視界に入らないような丁寧な撮影をしてくださったんです。まあ、柱から急にカメラマンが出てきたときにはビックリしましたけどね(笑)。

――柱から急に出てきた?

浅川 はい。もともと洋館にはない柱を作って、その中にカメラマンさんが隠れていたから、幽霊を見たんじゃないか? と思ってビックリしました(笑)。

ちなつ 私は館に行くまでは、緊張が100パーセントみたいな感じだったんですよ。でも、館に行ってみたら景色は綺麗だし、私の演じる美鈴はこんな素敵な館に住んでいるんだと思って、テンションが上がりっ放しでした(笑)。

はなむら 私はすべてが初めてだったので、心臓が口から出るん違うって思うぐらい本当に緊張していて、もう、てんやわんやだったんです(笑)。

でも、スタッフさんやほかの役者さんたちがみんな気を遣ってくださって、みんなに支えてもらったおかげで、前向きにお芝居ができるようになって。感謝の言葉しかないですね。

――自分から仕掛けていって、情報を上手く引き出すことができたり、いい流れに持っていけたようなことはありましたか?

浅川 私は、ある密談が上手くいったときに“よし、やった~!”と思いました。しかも、その密談がその後の展開にも繋がって、すべてがいいタイミングだったので、うまく演じられたなと思いました(笑)。

はなむら 私はある人に私が握る秘密で詰め寄ったんですが、「知りません」「やってません」の一点張りだったので、話がまったく進まなくて。

演じていた占い師の白鳥の中にいるはなむらちこも「ここまで言いはるんやから、本当にやってへんのと違う?」って言い出したぐらい、全然探れなかった。しかも、その話を美鈴さんとしていた時に執事の熊田(清水宏)が入ってきたから大変でした(笑)。

ちなつ いきなり割り込んできたんですよね(笑)。

はなむら そうそう。「そもそも占い師なんて信じてないし」みたいなところから話を始めて、人生論的なことで詰め寄ってきたんです。でも、そこで言い返したら、占い師だけに言葉が臭くなるなと思ったので、「うんうん」ってうなづくしかなくて。

そしたら最終的に、美鈴さんも熊田さんにのっちゃって「、「え~、さっきまで一緒に疑ってたやん!」って言い続けるしかなかったですね(笑)。

浅川 (爆笑)。なんか、館側の4人(小説家の蛍原晃、晃の妻の美鈴、執事の熊田、家政婦の馬場)と外から来た3人(記者の竜崎、占い師の白鳥、イラストレーターの猪又)の対立構造が、感情的な面も含めて自然に出来上がっていましたよね。

ちなつ 確かに、確かに。

浅川 館側の人たちは私たちじゃない、絶対に外から来た誰かの犯行だという結託感があって。館の人間は絶対に疑わないぞ! というスタンスになんとなくなっていたような気がします。

■何人かが次々に「私が殺した!」と言い出すから焦った

――ほかにも誰かに何か想定外のことを仕掛けられて、戸惑ったり、芝居が止まりそうになったようなことはなかったですか?

はなむら 途中からみんな「自分がやった」って次々に言い出したじゃないですか? 確か、何人かが「やった」って言いましたよね(笑)。

浅川 そんな展開は『オリエント急行殺人事件』以来ですよ(笑)。

はなむら それで私もマジか!? と思っていたら(笑)、最後に○○さんまで「私がやりました」と言って涙で回収していたから、あれにはめっちゃ焦りました(笑)。

――7人でひとつの物語を作っていく楽しさも味わえました?

浅川 7人で台本のない物語を作っていくので、普通のドラマやお芝居より、役者同士の繋がりは深くなったような気がします。

セリフも台本に書かれたものではない、その人が考えた、その人の人生に裏打ちされた言葉だったりするので、聞いたときの重みがやっぱり違いました。そこが面白かったですね。

はなむら やるまでは、みんなでひとつの目標に向かって動いていくことが重要だと思っていたんですけど、始まったら、みんな、えっ、そこ行く? みたいな動き方をするし、あっちでもこっちでも泣いているからワケが分からなくなって(笑)。気持ち的には必死についていこうとしたけれど、自分が用意していたものも出せないし、けっこう呆然としている顔が多かったような気がします。

でも、それも含めて、私ひとりじゃ絶対に生まれなかった、この7人だから生まれた物語。いい意味で、もう二度で味わえないものなんだろうな~という特別なものを感じました。

ちなつ 私は演技レッスンで仮想で想定して何度も何度もやったお芝居を実際の館でやる時間がすごく楽しくて、収録時間の3時間が本当に一瞬に感じられました。美鈴とみんなで過ごした時間があまりにも素敵で、幸せ過ぎたから、終わってしまったいまはちょっと恋しいです。

■自分だけでは出せない演技を周りの人に引き出してもらった

――この番組は犯人探しの側面もありますが、次世代の俳優を発掘するのがメインテーマです。みなさんは自分の中にある、俳優としての経験やスキルをすべて出し切ることができましたか?

ちなつ 私は美鈴のそのときの気持ちで彼女の言葉を発したり、動かないといけないと思ったので、美鈴に完全になりきるようにしたんですけど、美鈴に100パーセント振り過ぎてしまって。もう少し客観的なスタンスでやれば、もっと映像の見え方や、マーダーミステリーの面白さが考えられたんじゃないかなという風に後から思いました。

でも、これまでの自分のレベル以上のことを頑張ってやったという自負があるので、後悔はないです。学ぶこともたくさんありましたからね。

はなむら 私は自分の言葉の引き出しの少なさを痛感しました。エンディングの撮影のときに特にそれを感じたんですけど、感情は出ているのに、言葉がすごく少なくて。それに比べて、ベテランの役者さんたちは人生経験も芝居の経験も豊富で、こうすればこう映るといったテクニックも分かっているから、自分で考えられた素晴らしいセリフを絶妙なタイミングで言われるんです。

だから撮影が終わった瞬間、すごく悔しくて。「悔しかったです~」ってみんなの前でも言ったんですけど、自分に足りないところが分かったし、すごく勉強になりました。機会があれば、次はそこを克服して挑みたいですね。

浅川 この7人の中で私だけが芸人だったんですけど、自分の出したものを、周りの人たちに掛け算していただいて、絶対に私ひとりでは出せない演技にまで引き上げてもらいました。それこそ、カメラマンさんの「こっちに顔をよこせ!」の圧はスゴかったし(笑)、大道具さんや劇中の料理を作ってくださった方などスタッフさん全員に助けてもらったので、本当に感謝しています。

――番組では、そんなみなさんの演技を3人の審査員がジャッジしてMSS

(Most Shining Star)を決定します。

審査員は俳優の生瀬勝久さん、『劇場版 おっさんずラブ~LOVE or DEAD~』などの瑠東東一郎監督、米倉涼子主演の『ドクターX』など数々のヒットドラマを手がけたテレビ朝日の内山聖子プロデューサーですが、MSSを勝ち取る自信はありますか? いまの心境をお聞かせください。

はなむら 私は自信ないです。本当にくらいついていって、周りの人たちに引っ張っていただいた感じなので。でも、さっきも言ったように、いい勉強になったし、楽しかったので、個人的にはそれがすごく大きかったです。

ちなつ 記憶がなくなるぐらい全力投球で演じた美鈴がどんな風に映っているのか? どういう風に観た人に伝わるのか? 初めてのことなので、全然予想できないです(笑)。

でも、観てもらえる場をいただけたのは本当にありがたいので、みなさんの言葉を真摯に受けとめたいと思っています…って話していたら、また緊張してきて、いまはちょっと情緒不安定な人です(笑)。

浅川 私は自信しかないですね!(笑)でも、芸人としてもまだ全然若手だし、ファイナリストになった経験もこの番組と『猫王』(猫にまつわるネタ限定お笑い賞レース)だけ。マネージャーさんの株を上げるには、ここでMSSを獲るしかないなと思っています(笑)。

――最後に、みなさんが女優や芸人を目指そうと思ったきっかけとこれからの夢を教えてください。

ちなつ 私はもともとSNSもやらないような引っ込み思案だったんです。そんな私が華やかな女優の世界を目指そうと思ったのは、おばあちゃんのためですね。おばあちゃんは、朝ドラと大河ドラマが大好きだったんです。それで、作り話みたいですけど、私が女優になってテレビに出たら絶対に喜んでくれるだろうなと思って、高校生のときに自分で探して演技のレッスンやモデルの仕事を始めました。

これまでは実力が伴わなくて映像の仕事にチャレンジできなかったんですけど、これを機会にもっと頑張って、おばあちゃんに誓った想いは絶対に叶えたい。お着物を着て、大河ドラマに出演するという夢まで走っていきたいです(笑)。

浅川 私も中高はずっと演劇部で、プロになるときに演劇や映像の世界ではなく、お笑いを選んだんです。だから「M–1グランプリ」や「キング・オブ・コント」で優勝するのが夢なんですけど、この『マーダー★ミステリー~斑目瑞男の事件簿~』でもMSSを獲って、2冠に輝きたい(笑)。目指すは銀幕(映画デビュー)です。松竹芸能所属なので、松竹映画に出演できたら嬉しいですね。

ドラマを観る方とバラエティを観る方って、いまでもやっぱり分かれていると思うんですけど、私が映画やドラマに出たら、私に興味を持った人がお笑いやバラエティも観てくれるようになると思うんです。そうすれば、私ももっとバラエティに出られるようになる(笑)。楽しいことがとにかく大好きなので、そうなればいちばんいいですね。

はなむら 私は就職もしたんですけど、悔いがない人生を送りたかったので、女優になるという自分の夢をしっかり追いかけるために芸能界に入りました。周りの人に夢とか希望が与えられる影響力のある人は本当に素敵だし、悔いのない人生を送りたいということとは別に、私は世界平和に繋がる活動をしたくて。

例えば、ゴミを道に捨てた人がいたときに、私みたいな無名な人が「ゴミ、拾って」と言っても「ハ?」ってなるじゃないですか? でも、石原さとみさんのような方が同じことを言ったら、ゴミを拾ってくれると思うんですよ。そういう意味でも、影響力のある女優になりたいんです。

■番組情報

『マーダー★ミステリー~探偵・班目瑞夫の事件簿~』

3月19日(金)深夜1時34分~ ABCテレビにて放送。

ABEMAで同時配信決定!

番組公式Twitter:@MadarameMisuo

当記事はウレぴあ総研の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ