『アナ雪2』から生まれた新作短編アニメ、3.26配信 “切り絵”予告&場面写真公開

クランクイン!

 アニメ映画『アナと雪の女王2』からインスピレーションを受け制作された短編『アナと雪の女王/秘められた神話』が、ディズニープラスにて3月26日より日本初で配信されることが決まった。

本作は、世界中で大ヒットした『アナと雪の女王2』の“魔法の森”を舞台に、ある家族と森にすまう精霊たちの過去と未来にまつわる神話を切り絵のような映像で幻想的に描いた、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ制作による新たな短編作品。

監督は『アナと雪の女王』『ズートピア』やディズニー初のVRアニメーション『Cycles』(原題)を手がけたジェフ・ギプソン。彼は「ディズニーの名作『ファンタジア』のように、4つの精霊たちにはそれぞれの音楽と色合いがある。それぞれの精霊たちに2面性があるのと同じように、音楽もまた、優しさから敵意に至るまで、全音域に及んでいるのを楽しんでほしい」と語り、華麗な音楽とめくるめく映像美の世界がダイナミックに融合した本作の魅力を語った。

予告編は、ある家族のお母さんが子どもに寝る前の読み聞かせをするシーンから始まる。エルサたちが住むアレンデールから遠く離れた”魔法の森”へと誘い、「水(ノック)」「風(ゲイル)」「地(アース・ジャイアント)」「火(サラマンダー)」の4つの精霊が調和し合う、切り絵のような温かみのある映像は、何とも言えない幻想的な世界を醸し出す。

短編アニメ『アナと雪の女王/秘められた神話』は、ディズニープラスにて3月26日より配信。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ