カーラ・デルヴィーニュ、自身のセクシュアリティと葛藤した過去を告白「同性愛を嫌悪していた」

英モデル兼女優のカーラ・デルヴィーニュ(28)がポッドキャストにゲスト出演し、過去に自身のセクシュアリティと葛藤していたことを明かした。カーラはカミングアウトする前、同性愛嫌悪症で自殺願望があったと告白。そんな彼女が、自身がパンセクシュアルであることに気付いた経緯などについて赤裸々に語った。

カーラ・デルヴィーニュが現地時間16日に配信したポッドキャスト『Goop』にゲスト出演し、プレゼンターを務める女優グウィネス・パルトロウと対談した。カーラは幼少期の経験から、自分がパンセクシュアルであると認めたことなどを激白した。

カーラは2020年、米誌『Variety』のインタビューで「私はこれからもずっと、パンセクシュアルのままだと思う」と告白、自身が相手の性別に関係なく好きになる全性愛者であることをカミングアウトしていた。

番組でカーラは、自身がかつて同性愛に対して良いイメージを抱いていなかったことを明かしている。

「私は、古風な家庭で育ったのよ。知り合いにゲイなんていなかった。そんなことがあるなんて知らなかったし、実際大人になっても、自分が同性愛嫌悪症だという事実も分からなかった。同性のパートナーがいるという事実に、私自身が嫌悪感を抱いていたの。『うわ、嫌だ。私にはできない。気持ち悪いわ。オエッ』って感じだったのよ。」

そう話すカーラは、大人になってから自分のセクシュアリティについて詳しく知り、それまで感じていたことを恥ずかしいと思うようになったという。しかしそんな自分を認めた結果、自身を愛することができたそうだ。

「勉強して成長するとともに気付いたの。子供の頃に大好きな親友がいたわ。それが何なのか分からなかった。それから恥と嫌悪感を持つようになったのよ。そのことは私の人生で起こった重度のうつ病と、自殺願望を持った瞬間に関連してる。だって自分が同性愛者であったことをとても恥じていたから。でも実際にそのことは、自分が大好きな部分なの。受け入れているし、今も上手く折り合いをつけているわ。だけど今でも『ああ、ストレートだったら良いのに』って思う部分もあるのよ。」

「性的関係があろうがなかろうが、人を好きになることを経験して自己発見したのよ。『あなたが女性だからじゃなく、あなた自身が好きだから』ってね。とてもシンプルなものだったのよ。」

カーラは過去に女優ミシェル・ロドリゲス女性シンガーのセイント・ヴィンセントと交際、2018年には女優アシュレイ・ベンソンと交際を始めるも、2020年には破局が報じられた。

画像は『Cara Delevingne 2020年11月23日付Instagram「@AMAs」、2020年2月14日付Instagram「A kiss with a cause.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ