アート絵本なのに2020年一番売れた本となった『ぼく モグラ キツネ 馬』ついに日本へ!

Rooftop


unnamed.jpg

株式会社飛鳥新社は、 『ぼく モグラ キツネ 馬』を2021年3月18日に発売しました。 本書は、 少年とモグラ、 キツネ、 馬の冒険と心の交流を美しいイラストとともに描いたアート絵本 "THE BOY, THE MOLE, THE FOX AND THE HORSE"の日本語版。 原書はイギリスで2019年秋に発売されるや爆発的な人気を博し、 すでに130万部を突破、 2020年もっとも売れた本に(ニールセンブックスキャン調べ)。 アメリカでも120万部を突破、 世界的ベストセラーとなっている。 本書のイラストや名言はSNSで無数にシェアされ続け、 コロナ禍のイギリス、 アメリカで人々の希望をつなぐ社会現象となった。

日本語版の翻訳は、 『世界から猫が消えたなら』『四月になれば彼女は』など数々のベストセラーを発表してきた川村元気氏。 小説、 映画、 音楽など多方面で活躍するなか、 本書が初の翻訳作品。さらにベストセラー『ぼくはイエローでホワイトで、 ちょっとブルー』の著者でイギリス在住のブレイディみかこ氏も絶賛するこの春一番の大注目作。

unnamed-1.jpg

川村元気氏コメント

「イギリス人のイラストレーターが初めて描いた本が、 ニューヨークタイムズベストセラーで1位になったと聞いた。 いったい、 どんな本なのだろうか? と思い手に取ると、 ひと目で魅了された。 ペン1本で描かれた圧巻のイラストと、 すべての人生に寄り添う言葉。 英米を席巻したこの圧倒的なデビュー作が、 日本でも多くの人に読まれますように」

ブレイディみかこ氏推薦コメント

「うっかり読み聞かせすると、 途中から出てくるのは言葉ではなく涙です」

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ