人気の米俳優、娘に“ナカノ”ちゃんと命名。なぜ日本人の名前を

女子SPA!

 日本でも人気を博した米ドラマ『NCISネイビー犯罪捜査班』でおなじみのウィルマー・バルデラマ。これまで恋の噂が絶えないモテ男として知られていたが、2020年には美人モデルのアマンダ・パチェコと婚約、先月15日には第一子となる女の子も誕生した。生後1か月となる今月15日(現地時間)、ウィルマーは娘の名前を公表し、なぜ日本人にちなんだ名前を付けたのか、その理由についても明かしている。

◆6年交際した歌姫とのゴールインも期待されていたが……

南米コロンビアとベネズエラ出身の両親を持つウィルマ―は、米フロリダ州のマイアミ生まれ。3歳でベネズエラに移住したが、その後再び米国に戻った。当初は演劇中心に活動していたが、のちにドラマや映画に出演するようになり、1998年から放送開始された青春ドラマ『ザット’70sショー』でブレークした。

2003年から放送されている米ドラマシリーズ『NCISネイビー犯罪捜査班』では、NCIS特別捜査官のニックを熱演。このシリーズは、テレビ東京はじめBSやCSの各チャンネルでも放送されたので、日本のNCISファンにとってもおなじみの俳優だろう。

そんなウィルマ―は、とにかくモテることでも有名。これまでリンジー・ローハン、ミンカ・ケリー、マンディ・ムーア、デミ・ロヴァートなど、米エンタメ界の女性セレブと相次いで浮名を流した。なかでもデミとは、くっついたり離れたりを繰り返しながら約6年交際していたともいわれ、一時は婚約説が浮上したことも。けれども結局2人は別れることになり、2019年になると美人モデルのアマンダとの交際が取り沙汰されるようになった。

◆長女の名前“ナカノ・オセアナ・バルデラマ”ちゃんに賛否?

デミが2018年に薬物の過剰摂取で入院した際には、献身的に元カノをサポートしたといわれているウィルマ―。それだけにファンからは2人の復縁を望む声も上がったが、2019年にはアマンダとの交際をオープンにし、2020年1月には婚約したことを発表した。

そして今年2月にはアマンダが出産、2人にとっての第一子が誕生した。

今月15日(現地時間)には、生後1か月となった赤ちゃんにナカノ・オセアナ・バルデラマと名付けたことを公表したウィルマー。娘の名前について米『ピープル誌』にこう語っている。

「名前を考えるのはエキサイティングなことだったよ。誰もが意見を持っているからね。僕達がこの名前を言った時、家族のなかで信じられないほどの議論が起きた。ばかげていると考える人もいれば、予期せぬ驚きに満ちた美しいものだと考える人もいた」

◆日本を旅しているときに、一緒になることを決めた

またウィルマ―は、日本に旅行したときの経験が、ナカノちゃんという名前を思いついたきっかけであることも告白。2人がお互いへの愛を最初に語り合ったのは、日本を旅しているときだったことを明かしている。

「アマンダと僕は、付き合い始めた最初の年に世界中を旅したんだ。2人でただ深みに飛び込もうと決めて地球上を回った。その長期旅行の一つが日本だった。あの地を旅するのは何かとてもスピリチュアルなものだった。真に文化を理解し、取り入れ、そしてその全ての精神全てが、僕達の心に響いたんだ。あの旅は本当に美しいものだったし、開眼させられたよ」

「あの旅行で、僕達は一緒になることを決めたんだ。本当に一緒にね。日本は僕らにとって特別な時だった。僕はあの旅行をとても誇りに思っているよ。僕達を繋ぎ、また前進し、人生を計画し、僕達が本当に何が欲しいのか考えるための心の穏やかさを与えてくれたからね」

◆“ナカノ”ちゃんは、会津の女性戦士に由来

それにしても、なぜ“ナカノ”ちゃんなのか? ウィルマ―は娘の名前の由来について、こう説明している。

「ナカノには、何かとても力強く、ユニークで異なるものを感じた。僕達の娘が成長するにつれ、とてもクールで楽しい会話の種となるだろうと考えたんだ。また、敬意と伝統、そして僕が婚約者と『愛している』と初めて語り合った美しい瞬間へのトリビュートでもある。僕達にとって最初の子供が誕生したこと、それとともに日本を旅した記憶を残しておきたかった」

そして娘の名前が、戊辰戦争で女性ながらも果敢に戦い、命を落とした会津藩の中野竹子にインスピレーションを得たことも明かしている。

容姿端麗で武芸にも優れていたという中野竹子は、新しい世の中を作ろうとする新政府軍と、幕府を守り通そうとした旧幕府軍の間で戊辰戦争が勃発した際、薙刀(なぎなた)を手に出陣。その勇敢な姿から、“幕末を生きたもう一人のハンサム・ウーマン”として語り継がれている。

中野竹子は2013年の大河ドラマ「八重の桜」でも取り上げられ、綾瀬はるか演じる主人公・八重の戦友として登場した。ちなみに、ドラマでは黒木メイサが中野竹子を演じた。

一方ナカノちゃんのミドルネームである“オセアナ”は、アマンダが海をこよなく愛していることから付けられたそうだ。

家族会議では反対意見も出たという“ナカノ”ちゃんという名前。それなら“タケコ”ちゃんでも良かったような気もするが、それはさておき、日本の歴史や風土を気に入ってくれたのは嬉しい限り。いつの日かナカノちゃんもつれて、ぜひ来日してほしい。新型コロナウィルスが収束し、人々が自由に行き来できる日が早く訪れますように……。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ