777パートナーズ、ボーイング737 MAX 8を24機発注 60機のオプションも

Traicy

ボーイング737 MAX 8ボーイングは、投資会社の777パートナーズより、ボーイング737 MAX 8を24機受注したと発表した。60機のオプションにも合意した。

777パートナーズは、2015年に設立したアメリカ・マイアミを拠点とする投資会社。カナダのフレア航空、バリューアライアンス、エアブラックボックスなどに投資している。発注した機体は格安航空会社(LCC)へリースする。

ボーイング737 MAX 8は、前世代機と比べ、二酸化炭素排出量を16%削減できるほか、航続距離も約600マイル長い、3,550海里に伸びた。

当記事はTraicyの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ