さんまの「生きてるだけで丸儲け」IMALUが言うと「完璧!」説 「一つ一つの命に皆、価値がある」込められた思い

歌手でタレントのIMALUが、3月11日にTwitterで「生きてるだけで丸儲け」とつぶやいて反響を呼んでいる。東日本大震災の発生から10年となるこの日にあえてツイートしたことから「これ以上に無いいい言葉ですね」、「今日、生きてるだけで丸儲けって聞くと胸が熱くなります!」と共感を呼ぶなか「貴女が言うと、説得力ありますね」という声が少なくない。

IMALUの父親でお笑い芸人の明石家さんまが座右の銘とする「生きてるだけで丸儲け」から「イマル」と命名したことは、IMALUの母親でさんまの元妻・大竹しのぶが後に明かしている。さんまは当初「いちご」を主張したが大竹が反対。そこで座右の銘から取って激論の末に「イマル」と命名したそうだ。当のIMALUは2010年3月に2ndシングル『そんな名前 欲しくないよ』をリリースしてタイトルが意味深だと話題になった。自ら書き下ろした本『IMALUのまるもうけ辞典』(2014年10月)でも名前の由来に触れており、当初は「いちご」が候補だったことについて「いちごちゃんの方が良かったかなって思う時もあります」と明かしている。

それでも大竹しのぶはIMALUの24歳の誕生日に命名の由来を明かすなか、言葉に込められた「一つ一つの命に皆、価値がある」という意味が分かるまでに成長したと話していた。31歳となったIMALUはこのたび心から「生きてるだけで丸儲け」とツイートしようと思えたのだろう。その言葉にお笑いタレントのエハラマサヒロが「IMALUちゃんが言うとグッと来る」とリアクションしたのをはじめ、「IMALUちゃんが言うと完璧!」、「貴女が言うと、説得力ありますね」といった声が寄せられた。

明石家さんまが「生きてるだけで丸儲け」を座右の銘とする理由は諸説あり、師匠の笑福亭松之助さん(2019年2月22日逝去・享年93)から「人間は裸で生まれてきたから、服一枚着ただけで勝ちなんや」と聞かされことで生まれたとされる。また1985年8月12日に乗員乗客524名のうち520名が亡くなった日本航空123便墜落事故でさんまは同便に乗る予定だったが、番組収録が早く終わったため一つ前の便に搭乗したことで事故を免れた。その経験から「生きてるだけで丸儲け」との思いを強めたとも言われる。やがて2008年7月、さんまがBEGINに依頼してできた楽曲『笑顔のまんま』(BEGIN with アホナスターズ名義で2009年1月発売)のなかで「生きてるだけで丸儲け」と歌われ、さらに広く知られるようになった。

ちなみにIMALUは3月11日、自身のインスタグラムに「震災から10年。あの日は東京にいた私にとっても本当に怖い経験でした。2011年3月11日は日本中の人たちが一生忘れられない日となりましたね」と綴っており、震災をきっかけに知った福島の犬猫シェルターを数年前に訪れて手伝った時の動画を公開している。



画像2、3枚目は『IMALU / LULU X 2021年3月4日付Instagram「今宵も「中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん」に参戦」、2018年10月22日付Instagram「TOKYO MX「ひるキュン!」にバルーと出演させて頂きました」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ