JR東海のフリーきっぷ3種類、今年度に限りGWも利用可能に

Traicy

JR東海は、今年度に限り、3種類のフリーきっぷを4月27日から5月6日までのゴールデンウィーク期間も利用可能にする。

対象となるのは、名古屋地区(豊橋・岐阜・四日市など含む)を発着する「飛騨路フリーきっぷ」「南紀・熊野古道フリーきっぷ」「木曽路フリーきっぷ」。

「飛騨路フリーきっぷ」は、特急「ワイドビューひだ」号往復普通車指定席とフリー区間内(飛騨金山~飛騨古川駅間)乗り放題、バスまたはタクシー乗車券がセットになった商品。

「南紀・熊野古道フリーきっぷ」は、特急「ワイドビュー南紀」号往復普通車指定席とJR線・バスフリー区間内乗り放題がセットになった商品。フリー区間は、「中辺路コース」がJR紀勢本線熊野市~紀伊勝浦駅間、熊野御坊南海バス・龍神自動車バスの一部路線、「伊勢路コース」がJR紀勢本線三瀬谷~熊野市駅間、三重交通バスの一部路線。

「木曽路フリーきっぷ」は、特急「ワイドビューしなの」号往復普通車指定席とフリー区間内(中津川~洗馬駅間)乗り放題、グルメや観光に使える「木曽路エンジョイチケット」がセットになった商品。

有効期間はいずれも3日間で、利用開始日1か月前から当日まで発売する。

当記事はTraicyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ