ジュリエット・ビノシュ主演 良き妻の条件は自由であること!『5月の花嫁学校』公開決定

 本国フランスで初登場1位を記録した、女優のジュリエット・ビノシュ主演映画『How to be a good wife(英題)』が、邦題を『5月の花嫁学校』として5月28日より公開されることが決定。併せて、本日3月9日がジュリエットの57歳の誕生日であることを祝し、ポスタービジュアルと場面写真が解禁された。

本作は、アルザス地方にある花嫁学校を舞台に、パリから届いた“自由”の風に乗り、先生と生徒たちの革命がはじまる様子をコメディータッチで描く人生賛歌。

1967年。美しい街並みと葡萄畑で有名なフランスのアルザス地方にあるヴァン・デル・ベック家政学校では、“完璧な主婦”を育成させるため今年も18人の少女達が入学した。ある日、校長のポーレットは、経営者である夫の突然の死をきっかけに学校が破産寸前であることを知り、なんとか窮地から抜け出そうと奔走する。そんな中、パリで“5月革命”が勃発。フランス全土に抗議運動が広がってゆくのを目の当たりにしたポーレットや生徒たちは、これまでの自分たちの考えに疑問を抱き始め、ある行動に出ることを決意。果たして新生ヴァン・デル・ベック家政学校の運命やいかに―。

アカデミー賞助演女優賞のほか、世界三大映画祭すべての女優賞を制覇した名女優ジュリエットが校長のポーレット役を務め、垢抜けない少女たちを厳しく鍛える鬼校長を嬉々として演じる。そのほか、『セラフィーヌの庭』でセザール賞主演女優賞を受賞したヨランド・モローが、夢見る少女のまま中年になったギックリ腰気味の料理の先生ジルベルト役、セザール賞主演女優&助演女優賞に6度もノミネートされたノエミ・ルヴォウスキーが迷信を信じる一方で戦時中はレジスタンスとして戦った熱き修道女マリー=テレーズ役を務め、パワフルな演技合戦を繰り広げる。

監督は、セザール賞で7部門を制した『セラフィーヌの庭』や、大女優カトリーヌ・ドヌーブを起用した『ルージュの手紙』で知られるマルタン・プロヴォ。本作は今年2021年度のセザール賞で、助演女優賞(ヨランド、ノエミ)、助演男優賞(エドゥアール・ベール)、衣装、美術と合わせて5つノミネートされている。

ポスタービジュアルは、ビノシュ演じるエレガントなスーツ姿の校長先生をはじめとする花嫁学校の先生たちと、生徒たちがエントランスで笑顔で並ぶ姿を収めたもの。場面写真は、カラフルかつキュートな1960年代当時のインテリアやファッションと共に、登場人物たちを写し出したものとなっている。

映画『5月の花嫁学校』は5月28日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ