福原愛の“不倫とモラハラ夫”報道、台湾では意外な反応が起きていた

女子SPA!

 国民的卓球少女、福原愛さん(32)の不倫疑惑と離婚秒読み報道が、連日メディアをにぎわせています。

『女性セブン』3月4日発売号が、福原さんとイケメン男性との2泊3日横浜デートを多数の写真とともにスクープ。同じ4日発売の『週刊文春』が、福原さんの夫である台湾の卓球選手・江宏傑さん(ジャン・ホンジェ、32)とその母・姉を、「モラハラ夫、モンスター家族」と報じました。

「悪いのは愛ちゃんか?夫か?」と話題になっているこの騒動。ですが、福原さんは3月4日に直筆メッセージで「(男性と)一緒の部屋に宿泊した事実はありません」と、不倫を否定。離婚協議中だという報道は否定しませんでした。

一方、江宏傑さんも同じ日に声明を発表し、「虚偽のゴシップ」「私の愛は変わっていません」と、良好な関係をアピールしました。

このややこしい事態、台湾ではどう報じられているのでしょうか? 台湾在住の翻訳ライター・こうようこさんと、その周辺の声を取材してみました。

◆「江宏傑さんがモラハラなんてありえない」とする台湾メディアも

まず、台湾でもこのゴシップは、大きく報道されているそうです。

「日本の報道を引用して、福原さんと江宏傑さんの家族との不仲が多く報道されています。中でも江さんの姉がらみの報道が多いですね。

ですが、江宏傑さんは、台湾では“優しく思いやりのある人、かっこいい人”などの良いイメージが強い。彼がモラハラなどするとは思えない、という方向の報道が複数あります」(こうようこさん)

『週刊文春』では、江さんが自分の家族ばかりを大事にして、福原さんを「この売女(ばいた)!」と罵った、などのモラハラが報じられています。証言者は福原さんの友人とされていますが、「福原さん自身がネタ元では?」という説がでるぐらい具体的で生々しいのです。

一方、台湾で報道された江さんのイメージはだいぶ違う様子。

「江宏傑さんは、汚い言葉さえ使わない人、もし周りの人が汚い言葉で悪口をいえばそれを咎(とが)めるような人で、聞くに堪えないような言葉を言うなんてありえない」という友人の話を紹介しているのは、三立新聞網(3月4日配信)。また同報道の中で、「江の家族も礼儀正しくて付き合いやすい、福原と江の両家の関係も良い。そうでなければ福原の実母が台湾に来て江家と一緒に暮らすはずがない。決して日本の報道のような生活ではない」と推測しています(翻訳はこうようこさん、以下同)。

また、TVBS新聞網(3月4日)は、江の成長をみてきたコーチの言葉として、「江宏傑さんは人に対してやさしく礼儀正しい。これまで彼が汚い言葉を使うところはもちろん、言葉でイジメるなど見た事がない。練習の時に掃除のおばさんがゴミを運んでいるのを見かけたら、自ら手伝うような子。昨年2020年年末に福原夫婦と共に食事をしたが2人の仲はよかった」というコメントを報じています。

◆2人とも結婚前はたいして有名じゃなかった

台湾の一般人に聞いても、「卓球の達人というだけでなく、イケメンでやさしい」(30代女性)というコメントの反面、「福原愛ちゃんと結婚する前は特に有名じゃなかった」(40代女性)「単独でテレビに出ることがほとんどない」(30代女性)との声も。

江宏傑さんがもとから“やさしい人”なのか、メディアで福原愛さんとのラブラブアピールをしまくったから愛妻家イメージができたのか、我々には判断がつかない様相です。

「台湾人男性は優しく女性をお姫様のように扱うとよく言われますが、同時に考え方が幼くて自分勝手なところがある人も多い……というのはよく聞く話。結婚後にそういった部分が見えると、ちょっとした言動であっても、『優しくて何でもしてくれる台湾人男性と結婚した』と思っていた日本人女性には豹変したように写るのかもしれません」(こうようこさん)

◆“モンスター姉”には、台湾でも厳しい目

一方で、『週刊文春』が“モンスター姉”と報じた、江さんの姉・江恆亘(ジャン・リガ)さんに対しては、台湾メディアも厳しいようです。江恆亘さんは、江さんと福原さんの結婚を機に「美魔女」と注目され、39歳にして芸能界デビュー。

2019年にも文春に“モンスター姉”と報じられた際に、彼女の元友人が、台湾メディアにこうコメントしています。

「彼女はかなりひどいお姫様病で、周りにいる人をしもべとしてこき使い、彼女がちょっと出掛けるときでも荷物を持たせていた」「永遠に自分が1番で永遠に人をバカにする、とても付き合いにくい人」(三立新聞網、2019年9月29日配信)

また週刊文春には、福原さんが義母(江さんの母)に、「あなたは、我が家の金を生む鶏よ」と言われてショックを受けた、というエピソードが出てきます。福原さんとの結婚で一家が注目され、経済的にうるおったのは事実でしょう。ですが、必ずしも「金ヅル」というニュアンスではないかもしれないと、こうようこさんは言います。

「『金雞母』(金を生む鶏)自体はケナし言葉ではなく、日本語でいうなら『稼ぎ頭』くらいの感覚の言葉だと思います。もともとは台湾語から派生した中国語。台湾には中国とは違って台湾語から派生した言葉が多くあります。

福原愛さんは10代の頃から中国で活躍して、中国語のレベルは十分に高いですが、台湾と中国の言葉の違いなどから誤解が生まれたのかも。もしくは義母の嫌味だったのか。どちらにしても、福原さんとしては“ケナされた”と感じたのかもしれません」(こうようこさん)

◆不倫疑惑に怒るほどの思い入れはない

そう、福原愛さんは、中国のトップリーグで活躍して大陸では人気者ですが、台湾ではそれほどでもなかったようです。

「可愛くて純粋な日本人女性というイメージが定着している」(こうようこさん)ものの、「江選手と結婚する前は、CMやテレビ出演はほとんどなかった」(40代女性)、「最初は中国なまりがあったが、台湾なまりに少しずつ変化していて嬉しく思っていた」(30代女性)ぐらいの存在感。

ですから、彼女の不倫疑惑に対しても、「日本人は福原愛に怒り狂っているが、台湾人はドラマをみている傍観者のような感覚」「台湾では彼女に対する気持ちの入れ方がそこまで深くない」(ネット投稿より)と、クールな反応も。

夫婦のゴタゴタは、一般人でも、妻と夫の言い分が激しく食い違うものです。ましてや、国際結婚で文化の違いがからむ今回のケース。幼い頃から見てきた福原愛ちゃんに、どうか幸せな未来が待っていますように。

<文/女子SPA!編集部>

当記事は女子SPA!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ