大倉忠義、中島裕翔、横山裕のマネージャーまで ジャニーズタレントへのストーカー行為止まず

wezzy


 関ジャニ∞・横山裕のマネージャー男性を待ち伏せしたとして、都内の会社員女性がストーカー規制法違反容疑で逮捕されたと各メディアが報じている。

女性は2月3日、港区にあるテレビ東京の地下駐車場でマネージャー男性を待ち伏せしたという。女性は地下駐車場に行ったことは認めているものの、それは関ジャニ∞・村上信五に会うためで、マネージャーには会ったことがないと容疑を一部否認しているという。

女性は2020年10月にマネージャー男性の自宅付近をうろつくなどして、ストーカー規制法に基づく禁止命令を受けており、その際には「横山さんの追っかけをしていたが、マネージャーの男性がかわいいと思った」と説明していたと伝えられている。

今回はタレント本人ではなく、マネージャーへのストーカー行為による逮捕だったが、ジャニーズタレントの中にはストーカー被害に悩まされる者が珍しくない。2019年には、Hey! Say! JUMPの中島裕翔に付きまとったとして、都内に住む女性が逮捕されたことが報じられた。

また、ジャニーズJr.内の人気グループ「美 少年」の浮所飛貴は、ストーカーに遭っているのではないかとファンから心配の声が聞かれていたばかり。

<浮所くんおはよう>と言う女性に対して、浮所と似た声の主が<警察通報しますよ、そろそろ>と注意し、女性が<やめて、やめて、やめて>と拒否している会話の音声データが拡散されていたためだ。2019年秋には、浮所が通っていた高校の文化祭が行われていた最中に、ファンが浮所のロッカーを勝手に開けようとしていたとしてネットで騒ぎになったこともある。

関ジャニ∞では、大倉忠義がファンクラブ会員向けの有料ブログでストーカー被害を告白したことがある。2018年11月8日、大倉はグループ連載「関ジャニ戦隊∞レンジャー」で、あるファンに<執拗に追いかけてくる><カバンの中にモノを入れられたり 突然手を繋がれたり>といったストーカー被害を受けていることを明かし、<普通の人に戻る方がよっぽど楽だろう><そろそろ限界だ>と悲痛な胸の内を明かしていた。

2020年1月31日には、個人連載「ウルトラハイパーくらすます」で、ファンのためにブログで写真などを公開したい気持ちがあるものの、それができないと明かす。その理由として、外食をした際の写真などをアップし、もしお店の場所が特定された場合<どんな変な方がお越しになるか わからないから>とストーカーに追われる恐れがあると遠回しに説明。さらに<#状況は一切変わってない>といまだにストーカー被害に悩まされていることを思わせるハッシュタグをつけていた。

女性ファンが多いジャニーズタレントだが、ストーカーの犯人が女性ではなく男性だったというケースもある。Hey! Say! JUMPの元メンバーで、SixTONES・森本慎太郎の兄でもある森本龍太郎は、当時14歳だった2009年、17歳の少年にストーカーされていた。少年は森本宅を訪ねたり、携帯電話にしつこく連絡したりといった行為を繰り返していた。森本は警察に相談していたが、問題が解決することはなかったという。

その後、森本はファミリーレストランで、少年にストーカー行為をやめるよう説得。すると少年が「ナイフを持っている」などと言い出したため、店の外に出て携帯電話で家族に連絡しようとしたところ少年に携帯電話を奪われた。少年は森本の携帯電話を持ち去ったとして、窃盗容疑で逮捕されている。

また、2014年には「週刊文春」(文藝春秋)が、当時まだJr.だったSnow Man・岩本照が、駅のホームでファンの女性を暴行し、右眼窩底骨折という重症を負わせたと報じている。しかし後に、ファンの女性が岩本にストーカー行為を繰り返しており、SNSで岩本に暴力を振るわれたことを喜ぶような内容をつづっていたことも発覚。物議を醸した。

中島や森本、岩本のように、警察沙汰になることもあるストーカー被害。ジャニーズ事務所側としては、仕事現場ではタレントを守ることはできても、プライベートまで24時間サポートするというのはさすがに現実的ではないだろう。彼らがこの先もアイドルとして、安心・安全に活動していくために、ファンの常識やモラルがこれまで以上に問われている。

当記事はwezzyの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ