冬の寒さ残る公園、動物と触れ合いに行くと… 予想外の「代替品」がむしろ最高だった

しらべぇ


猫カフェや犬カフェなど、様々な動物と触れ合える空間が注目を集めている昨今。

「ハリネズミカフェ」など一風変わった動物のいるカフェも人気だが、ツイッター上ではとある公園にて展示された「ハリネズミ」に反響の声が多数寄せられている。

■ハリネズミを見に行くと、そこには…


話題のツイートとは、ツイッターユーザー「ぽ」さんが6日昼頃に投稿したもの。

「ブラシ見てきた」とつづられたツイートには、動物が展示されている施設の写真も添えられていた…のだが、よくよく見ると写っているのは動物でなく、ツイート本文のとおり完全に「ブラシ」そのものである。



関連記事:歯科医院前に『鬼滅の八重歯』が出現 「無限歯痛地獄」だけは陥ってはいけない

■斜め上すぎる対策法が話題に


ブラシの横には「さむいのでハリネズミの展示はおやすみしてます…」「ハリネズミのかわりによく似たブラシを展示してます」と、いい感じにユルい説明文が手書きでつづられている。
(画像提供:ぽさん)
こちらの光景は多くのツイッターユーザーに衝撃を与えており、「そんなことあるの?(笑)」「声出して笑った」「むしろハリネズミより、このブラシを見に行きたい」といった反響の声が続出。

ことの経緯をめぐり、ツイート投稿主の「ぽ」さん及び、ブラシが展示されている愛知県・豊田市の「鞍ケ池公園」に詳しい話を聞いてみたところ、何ともホッコリする舞台裏が明らかになった。

■ブラシを見た子供の反応は…


夫と1歳になる娘と共に公園を訪れたという「ぽ」さん。ブラシを見ての娘の反応を聞いてみると、「めちゃくちゃ喜んで、ガラス窓にかじりついていました」「(私も)ホワイトボードの文言やブラシさんに笑った後で、娘にツッコミを入れてしまったくらいです」とのことで、1歳児のハートにはこちらのブラシハリネズミが見事に刺さったようだ。

出口で待っていた夫もその様子を見て大笑いしており、それを受けて「ぽ」さんも「振り返ってみると楽しい時間をくださった飼育員さんに、感謝の気持ちが湧いてきます…」としんみりしたコメントも。

お目当てのハリネズミは見られなかったものの、それに代わる確かな満足感を得られた模様。

■飼育員のアドリブが最高だった


続いて、話題のブラシハリネズミが公開されている鞍ケ池公園の飼育員に話を聞いてみると、こちらのブラシは馬をブラッシングする際に使用する物であったことが判明。

「せっかくハリネズミを見に来て頂いたお客様に、何も見ずに帰って頂くのは心苦しいと思い、ハリネズミに似ているブラシを置いてみました」と、こちらが思わずニッコリしてしまうような回答も。

ハリネズミに適した気温は25℃前後となっており、展示施設内も暖房などを使用してある程度の温度を保つことができるのだが、ハリネズミのコンディションを考慮し、12月ごろからは代打としてブラシを設置し始めたそう。

気になるハリネズミの復帰時期に関しては「恐らく4月ごろには、現場に戻すことが可能になると思います」とのことなので、万全の状態で戻ってくれることを期待したい。

・合わせて読みたい→新居で家具サイズを計測していると… 予想だにしなかった助っ人の参戦が話題に

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ