【バイプレイヤーズ百名鑑】富田望生「我慢せずに笑ってしまったりも富田望生役ならでは」

 日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ~名脇役の森の100日間~』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら~』(4月9日公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

◆File No.059 富田望生

都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第8話で富田は、バイプレウッドで起こった朝ドラヒロイン降板騒動に巻き込まれる、人気急上昇中の癒やし系で、朝ドラのヒロインになれば国民の朝の癒やしになれそうな女優“富田望生”役を演じた。

『バイプレイヤーズ』初出演に富田は「バイプレイヤーズに仲間入りできる時が来るなんて、本当に嬉しかったです。なんだか一丁前になった気分になりました。まだまだですが!」と笑う。

「ドラマなんだけれど、フィクションなんだけれど、ノンフィクションのような世界を覗き見しているような感覚になるところが魅力的」だと語る富田だが、撮影現場では「キャスト・スタッフの皆さんが、自由に楽しまれていたので、気張るものはひとつもありませんでした。本番中も面白かったら我慢せずに笑ってしまったりもしました。富田望生役ならではだなと思います」とその世界観をたっぷり楽しんだようだ。

さらに、「劇中の富田望生も、私自身に近かったりしたので、特に意識したことはないです。意識したことがないことが、今までの作品とは違うアプローチだったと思います」と撮影を振り返っている。

★富田望生/2000年2月25日福島県出身。2015年公開の『ソロモンの偽証』で映画初出演。映画『チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』で注目を集め、その後、映画『あさひなぐ』『SUNNY 強い気持ち・強い愛』、ドラマ『3年A組‐今から皆さんは、人質です‐』『美食探偵 明智五郎』(ともに日本テレビ系)、『教場』(フジテレビ系)などで存在感を発揮。さらに2021年3月放送の宮城発地域ドラマ『ペペロンチーノ』(NHK BSプレミアム)にも出演。バラエティー番組では、『ヒルナンデス』(日本テレビ系)の木曜レギュラーを務めるなど、活躍のジャンルを広げている。

●『バイプレイヤーズ』第8話プレイバック

バイプレウッドに激震! 朝ドラ『べじたぶる』のヒロインが降板…。そのニュースを聞きつけた民放各局の女優たちは、自分に声が掛かるかもしれないと色めき立っていた。そんな時、尾美としのりが吉田羊、芳根京子、本田望結、富田望生と次の朝ドラヒロインが誰なのかを予言し始める。しかし、この予言がきっかけで4人は、ヒロインをめぐる熾烈な戦いを繰り広げることに! ヒロインの座は一体誰の手に!?

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ